Close
転職
転職についてのHowTo情報サイト menu

転職エージェントのメリット・デメリットを比較!どんな人が利用するのがおすすめ?

転職活動をする人にとって頼もしい存在となってくれるのが「転職エージェント」です。しかし、転職エージェントを使ったことがない人の中には、登録することに対して不安を覚える人もいるのではないでしょうか。

今回は、転職エージェントのメリットやデメリットを説明するとともに、どのような人が転職エージェントを利用すべきかについても紹介します。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職をしたいと考えている転職希望者と人材を獲得したいと考えている企業との間に入り、転職のサポートをしてくれるサービスです。

転職エージェントに登録することで、求人の案内から面接対策まで様々なサポートを受けることができます。普段人材を探している企業と密接にやりとりをしているエージェントから直接アドバイスをもらうことができるため、最新の求人や企業が求めている人材像など、転職活動を有利に進める上で役に立つ情報を得ることができます。

基本的には無料で利用することができるため、コストをかけずに転職に関する多くの情報を得られるということで多くの転職希望者が利用しています。

転職エージェントのメリット

転職エージェントには、様々なメリットがあります。無料で幅広いサポートが得られるので、メリットを確認した上で転職エージェントの利用を検討してみるといいでしょう。

キャリアアドバイザーにキャリア相談ができる

転職エージェントには転職サポートのプロともいえるキャリアアドバイザーが在籍しています。転職のプロに悩みを相談することで、転職に関する不安を軽減させ、自分が歩むべき方向性を定めることができます。

利用者に合った転職先を提案してくれる

転職エージェントのコンサルタントは、利用者の希望や現在のスキル、経歴を加味した上で、利用者に合った転職案件を紹介してくれます。自分ひとりの力では見つけ出せないような案件を短期間で複数紹介してくれるため、転職先の選定作業がはかどります。

応募書類の添削が受けられる

転職を成功させるための応募書類の書き方を指導してもらえます。通常ではお金を支払って依頼する応募書類の添削が無料で受けられるため、転職希望者には大きなメリットです。優れた応募書類は企業の採用担当者からの印象も良くなるため、転職が成功しやすくなります。

面接サポートを受けられる

転職エージェントでは、面接のサポートも実施しています。面接に関する一般的なルールやポイントのほか、利用者に合った話し方や回答の仕方なども指導してもらえます。

企業に条件交渉をしてくれる

給料や勤務時間など、自分ではなかなか交渉できないような条件も、コンサルタント経由で交渉してもらえます。これにより、通常よりも多くの求人案件を候補に取り入れることができます。

多くの求人案件を知ることができる

転職エージェントに登録することで、自分の条件に合った求人案件を複数紹介してもらうことができます。転職エージェントの中には一般公開されていない非公開案件を所有しているところも多く、転職エージェントに登録することでより多くの案件を見ることができます。

内定後もサポートを受けられる

転職エージェントの中には、転職を成功させて終わりではなく、就職後も長期にわたってサポートしてくれるところがあります。転職者だからこその悩みなども熟知しているコンサルタントがサポートしてくれるため、抱えている不安や悩みを軽減させられるでしょう。

利用料がかからない

転職エージェントでは基本的には利用料がかかりません。これは、マッチングが実現した場合、企業側が転職エージェントに手数料を支払う仕組みになっているからです。これにより利用者は、転職のプロによる数々のサポートを無料で受けることができます。

転職エージェントのデメリット

転職希望者にとって多くのメリットがある転職エージェントですが、一方でデメリットも存在します。良い面と悪い面の両方を知った上で利用を検討するのが重要です。

自分のペースで転職活動を進めづらい

転職エージェントに登録することで、コンサルタントが関連のありそうな求人案件を複数紹介してくれるようになります。また、イベントの案内を受け取ったり、面談に関するスケジュール調整のメールを受け取ったりすることも増えます。

すぐに転職したいと考えている人にとっては非常に有益な情報ですが、転職を長期的な見通しで考えている人は転職エージェントからの連絡にわずらわしさを感じることもあるでしょう。

担当者によって実力差がある

大手の転職エージェントには、1,000人を超えるスタッフが在籍していることも珍しくありません。経験豊富なスタッフもいれば、駆け出しのスタッフもいます。また、相性の良いスタッフもいれば、やりにくいと感じるスタッフもいることでしょう。

転職エージェントは共に転職活動を歩む大切なサポーターですが、担当者の実力や相性によって成果が異なる可能性があることは事前に理解しておくとよいでしょう。

担当者との調整に手間がかかる

転職エージェントは仕事として実施しているため、より多くの情報を利用者に届けようとします。そのため、メールボックスの中身が求人案件でいっぱいになるということも十分ありえます。

また、企業ごとの必要書類を要求されたり、面接のスケジュール調節を依頼されたりするなど、担当者とのやりとりにおいて手間がかかることもありえます。

長期的なキャリア形成ではなく「転職すること」に重きを置くことも

転職エージェントにとっては転職を成功させることが何よりも大切です。そのため、利用者の長期的なキャリア形成のサポートではなく、目先の転職に重きを置くコンサルタントもいます。

【4つのタイプ別】転職エージェントの活用方法

ここまでメリットやデメリットについて解説しましたが、実際に転職エージェントをうまく利用するためにはどのような点に気をつけるといいのでしょうか。

最後に、利用者のタイプ別にエージェント活用方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

タイプ① まだ転職を決めていないが、自分の価値を確認したい

タイプ② 今の会社でやることはすべてやった、自信を持って次のステップに進みたい

タイプ③ 業界を変えて、新しいことがしたい

タイプ④ 今の会社に色々と不満があるので、転職をしたい

タイプ① まだ転職を決めていないが、自分の価値を確認したい

タイプ①の場合は、ひとまず転職エージェントに登録することをおすすめします。登録することでより多くの求人案件を見ることができ、自分が希望する業界の年収相場や、どのようなスキルや経歴が必要なのかを確認することができます。

また、キャリアアドバイザーと面談することで、今現在の自身の価値について客観的に確認することができるでしょう。

将来転職を考えているという事実をしっかりと伝えれば、コンサルタントもその条件の中で対応してくれるため安心です。

タイプ② 今の会社でやることはすべてやった、自信を持って次のステップに進みたい

タイプ②の場合は、転職エージェントの利用が非常に適しているといえます。自分のスキルや経歴、将来実現したいことなどを整理し、コンサルタントの力も借りながら、よりふさわしい転職先を見つけるといいでしょう。

もし高いスキルや経歴を持っている場合は、コンサルタントを通して条件交渉をすることも可能です。また、求人数の多い転職エージェントや、ハイクラス案件の多い転職エージェントなど、複数の転職エージェントに登録することでよりふさわしい案件がみつかるでしょう。

タイプ③ 業界を変えて、新しいことがしたい

タイプ③の場合は、転職エージェントを利用してもすぐには結果がでないことがあるため注意が必要です。キャリアアドバイザーやコンサルタントは、キャリアアップや転職を成功させるプロ集団ですが、転職希望者自身のスキルや経歴を変えることはできません。業界未経験だと、コンサルタントから仕事を紹介してもらうことは難しいかもしれません。

「業界を変えたい」「新しい職種に就きたい」という場合は短期ではなく、長期的な見通しのもとで転職エージェントを利用していくのがおすすめです。就きたい業種に必要な資格の勉強を始めるなど、自分自身のレベルアップを図っていくことで新しい業界の求人にも応募できるようになるでしょう。

「自分の進路がなかなか定まらない」「どのような資格を取得すればよいかわからない」という場合は、まずは転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーと面談してみるのもいいかもしれません。

タイプ④ 今の会社に色々と不満があるので、転職をしたい

タイプ④の場合は、転職エージェントを活用して短期間に転職先を探すことも可能です。条件にこだわらなければ多くの転職案件があります。もし早期に転職したいと考えているのであれば、今すぐにでも転職エージェントに登録し、コンサルタントとともに自分にふさわしい仕事探しに時間を割くことをおすすめします。

ただし、現職の不満から転職を希望することを全面に出しすぎるとネガティブな人物像として転職エージェントや企業から見られてしまうこともあるので、キャリアビジョンから転職先も見据えた視点も踏まえてキャリアアドバイザーに相談することをお薦めします。

まとめ

転職エージェントは、転職をしたいと考えている人にとって、非常にメリットの多いサービスです。特に「今すぐ転職したい」「より条件の良い企業に転職したい」と考えている人はすぐにでも登録することをおすすめします。

しかしながら、転職エージェントに登録したからといって、必ずしも転職が決まるわけではありません。希望する条件の企業に転職するためには、資格取得やスキルアップも重要です。また、転職先を見つけるには、コンサルタントとのコミュニケーションも重要になってきます。

ぜひ自分に合った転職エージェントを見つけ、新しい道を切り拓いてみてください。

 

この記事の著者

fukatsuya

過去に転職エージェントとして5年勤務。 現在は海外在住し、ライターとして活動中。日本語、英語、フィリピン語の3ヶ国語を話し、 海外で仕事をする傍ら、フリーライターとして活動中。 主なライティング領域はビジネス・転職、海外系。

新着記事をもっと見る
arrow_upward