Close
転職
転職についてのHowTo情報サイト menu

女性の転職に有利な転職エージェント15選【タイプ別にご紹介】

指立てる女性アドバイザー

女性の転職が「成功」するためには、自分に合った転職エージェントを活用することが大切です!
自分に合う転職エージェントを上手く活用して転職活動をすることで「理想の職場に出会ったり、自分のキャリアを十分に見つめなおすこと」が可能になるからです!

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「女性の転職」に関するノウハウを全てお伝えします。最後まで読めば、女性の転職が成功する方法を理解できて、今すぐ転職に向けてのアクションを起こすことができます!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

複数の転職エージェントを併用するメリット
1.各転職エージェントのデメリットを補い合って利用できる
2.様々な視点でアドバイスをもらえる
3.多くの非公開求人を確保できる
4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

全ての女性の転職にオススメな転職エージェント5選

女性の就活生

ゆくゆくは新しい環境にチャレンジしていくために転職活動をしたいと思っています。
色々調べているのですが、1人での活動は少し不安です。
女性の体験談を聞けたり、女性ならではのサポートが欲しいなと思っているのですが、何かオススメはありますか?

アドバイザー女性のアイコン

一人で悩まれる時間が少しでもあるのであれば、転職エージェントを活用するのをオススメします。
何か不安な点があればいつでも相談できるので安心です。
これから女性にオススメしたい転職エージェントについてそれぞれご紹介します。

女性の方も安心して転職活動を進められる転職エージェントを5つご紹介します!

1.ライフスタイルに合った仕事が探せる【type女性の転職エージェント】

Type女性の転職エージェント引用元:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、その名の通り女性向けに特化した転職エージェントとなっています。

年間5000件以上のキャリアカウンセリング・転職支援の実績を誇り、サービス自体も18年以上提供し続けている(※)ことからも転職エージェントとして古株といえます。

「女の転職type」という女性の転職情報メディアも運営しており、長年の女性向け転職ノウハウ蓄積があるため、幅広い情報を得られること間違いなしです。

それぞれのライフスタイル・今後のキャリアプランに合わせたサポートを貰える転職エージェントといえるでしょう。

type女性の転職エージェントの特徴

2.キャリアアドバイザーが親身で高評価【パソナキャリア】

パソナキャリアトップ画像
引用元:パソナキャリア

転職・派遣などで知名度の高い「パソナキャリア」ですが、女性向けの転職活動にも近年力を入れています。

2016年より女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チーム「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足し、女性の転職サポートに数多く携わってきたアドバイザーが、ユーザーの要望や悩みに真摯に向き合いキャリアアップを全力でサポートする体制を整えています。

また、保有している求人情報についても女性社員が実際に活躍している姿や、働きやすさなどをしっかり企業側にヒアリングをしているようです。

女性一人一人に合ったサポートをしてくれることでしょう。

3.求人の多さ・サポートの手厚さに定評あり【doda】

doda画像
引用元:doda

通常の転職メディアと転職エージェントの良い点を両取りしたサービスを提供しているdodaでも、女性向けのキャリアサポートに力を入れています。

女性の転職・求人情報として「Woman Career」(※)というページがあり、女性向けの求人をよりやさしく、転職のお役立ち情報などもまとめています。

もともと豊富な求人数を誇るパーソルキャリアの強みを活かしたdodaの転職サービスなので、多くの人に満足してもらえるでしょう。

doda Woman Career

4.トップクラスの求人数から探せる【リクルートエージェント】


引用元:リクルートエージェント

リクルートエージェントの大きな魅力は、2021年3月時点で公式・非公式合わせて14万件を超える国内最大級の「豊富な求人案件数」(※)です。

幅広く求人を保有しているため、職種や業種を決めずいろいろな軸で求人を提案してもらいたい人は、まず登録しておいて損はない転職エージェントだといえるでしょう。

リクルートエージェント 求人件数

5.若手向けの求人が豊富【マイナビエージェント】


引用元:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、比較的後発の転職エージェントではありますが「マイナビ転職」等のメディアの知名度も高く、案件数・利用者数共に伸びてきている転職エージェントです。特に20~30代の若手向けの求人を得意としています。

マイナビでは、「マイナビ転職 女性のお仕事」という女性に特化したサイト(※)を運営しており、女性の転職のためのノウハウやコラムなど豊富な情報を持っているため女性への転職に強いと言えます。

未経験からの転職や初めての転職活動のサポートも手厚いため、転職活動そのものに不安を感じている人にはまずオススメの転職エージェントといえるでしょう。

マイナビ転職 女性のお仕事

自分の状況やキャリアプランに合わせて、それぞれの転職エージェントを使い分けていきましょう!

女性にオススメな「特化型」転職エージェント7選

女性に合わせた転職エージェント・情報サイトがあるのでとても参考になりました。
自分の目指したい職種などが定まってきたのでそれに合わせた転職活動を進めていきたいなと思うのですが、こういう時はどのように進めていくと良いでしょうか?

アドバイザー女性のアイコン

自分のやりたいことが定まってきているのはよいことですね。
その場合は、「特化型」の転職エージェントを活用するのをオススメしています。

多くの場合大手の「総合型」転職エージェントでも十分な保有案件がありますが、業界・業種によっては特殊な慣例や横のつながりによりなかなか求人を見つけられないこともあります。
そこで、業界・業種が定まっている方は必見の特化型転職エージェントをご紹介します。

1.事務などの管理部門【MSーJapan】

MS-Japan引用元:MS-Japan

MS-Japanは、各企業の管理部門にあたる職種や、それに類する税務・会計・法務に関わる専門職の事務所の求人を扱う特化型転職エージェントです。

通常の転職エージェントではなかなか見つけにくい「経営企画」や「内部監査」等の専門的な部署から、税務会計まで扱っているので、漠然と事務職を考えている人にとって色々と職種の詳細を見る事で自分の本当にやりたいことを見つめなおす事ができるでしょう

事務職への転職やキャリアアップを考えている人にとって必須の転職エージェントサービスです。

2.アパレル・ファッション業界【クリーデンス】

クリーデンス引用元:クリーデンス

クリーデンスはアパレル業界に特化したサービスで、総合型転職エージェントサービスdodaを提供しているパーソルキャリアが運営しています。

アパレルという特殊な業界の求人を3200社以上(※2021年3月時点)取り扱っており、アパレル業界を検討している人であればまずは登録をオススメする転職エージェントです。

フロントに立つ販売員のみならずデザイナーや生産管理、MDやバイヤーなどの職種、国内の大手メーカーや外資系など幅広く登録されているので、自分の希望の仕事を見つけることができるでしょう。

クリーデンスのサービスについて

3.フリーターや未経験歓迎、美容関係も【パスキャリ】

パスキャリ引用元:パスキャリ

社会人経験が浅かったりフリーターから正社員を目指す人、美容関係への転職を考えている人にはパスキャリの活用をオススメします。

保有している公開求人数1025件(※ 2021年3月時点)と少なくはありますがそのほとんどが未経験OKの求人となっています。また、就職面接への同行・同席が可能だったり「パスキャリで就職を成功させた人の72%は未経験から」と公言しているとおり、キャリアに自信が無かったり経験が浅かったりする人へのサポートに強いのが特徴です。(※)

また美容業界への就職に力を入れていて、未経験からでも美容業界への転職が上手く進められるように定期的に「美容業界セミナー」を自社で開催し、業界の動向や働き方、転職におけるポイントなどを丁寧に解説しています。

そのセミナーのコンテンツの中で求人紹介や個別のカウンセリングなども行われており、悩みの解消から求人探しまでワンストップで行ってもらえるのが心強い転職エージェントです。

ただ、サポートの対象地域が一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られているので希望のエリアが対象外の人は注意してください

パスキャリ 公式サイト

4.ミドルクラス以上の正社員に特化【LiBzPARTNERS】

リブズパートナーズ引用元:LiBzPARTNERS(リブズパートナーズ )

「LiBzPARTNERS(リブズパートナーズ )」は、女性の働き方を考え、サポートする株式会社LiBが提供するキャリア女性向けの転職エージェントサービスです。

年収600万円〜1000万円の女性管理職案件をなど、ミドル・ハイクラスの求人を多く保有しています。

これからも輝き続けて働きたいと考える女性向けの求人を数多く保有しており、キャリアアップ・働き方改善・育児からの社会復帰などの様々なライフスタイルに合わせた案件を紹介してくれます。

5.男女問わずハイクラス向けに特化【ビズリーチ】


引用元:BIZREACH(ビズリーチ)

「BIZREACH(ビズリーチ)」は最近テレビCMなども増えてきて、かなり知名度が上がってきています。

CMの内容で「どこであんな人材を?」と面接担当者が驚くような人材に出会える点を企業へのアピールポイントにしているなど、即戦力となるような人材を紹介することが上手い転職エージェントです。

その分、経験者のキャリアアップ向けのハイクラス案件がたくさん集まってきています。

一般的な転職エージェントと違うのは、ヘッドハンターが登録された情報を元にスカウトをするという仕組みなので、最初から最後まで同じ担当者から求人を紹介して欲しい人には違和感があるかもしれません。

6.キャリアアップ・ハイクラス向け【JACリクルートメント】


引用元:JACリクルートメント

すでにある程度の経験があり、さらに高収入を目指したいという方であれば、JACリクルートメントもオススメです。
JACリクルートメントはロンドン発祥の外資系転職エージェントで、日本でも多数の転職支援実績を誇ります。

外資系の転職エージェントだからこそ、外資・海外の求人やハイエンド層向けの求人を多く保有しており、それに合わせた手厚いサポートが評判です。

高収入を目指したいという人であれば、外資系転職エージェントの代表株としてJACリクルートメントに登録していれば安心とも言えますね。

7.エンジニア&クリエイターに特化【レバテックキャリア】

レバテックトップ画像引用元:レバテックキャリア

技術の変化や業界独特の風土も強いエンジニアやクリエイターに特化した転職エージェントといえば「レバテックキャリア」をオススメします。

エンジニアやクリエイターのスキルへの理解が強い転職エージェントがしっかりとサポートしてくれます。
また、技術・経験のレベルに応じてサービスを分けており、経験豊富な方には「レバテックエキスパート」未経験からエンジニアを目指す人には「レバテックビギナー」などそれぞれ明確になっています。

非公開案件・新規事業や新規プロジェクトの担当者募集などもあるので、新しいチャレンジをしたい人にももってこいのサービスです。

あなたの描きたいキャリアに合わせたサービスを賢く選んで活用していきましょう!

第二新卒・20代の女性にオススメな転職エージェント3選

転職活動を実際に始めようと思って調べてみたのですが、本当にたくさんの転職サービスがあって迷います。
新卒で入った会社に数年勤めただけでまだ転職自体が初めてなのですが、そんな私にも合うような転職サービスはありませんか?

アドバイザー女性のアイコン

転職は人生の転換期でもあり、経験豊富な人のほうが珍しいのであまり不安にならなくても大丈夫ですよ!
最近では新卒で入社して約3年以内の第二新卒といわれる層も転職活動を積極的に行うようになり、企業側も受け入れるような風土が整ってきています。

第二新卒・20代の女性にイチオシの転職エージェントを3つご紹介します!

1.フリーターや既卒など経歴に自信がなくてもOK【ハタラクティブ】


引用元:ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は20代のフリーターや既卒・第二新卒の転職に強い転職エージェントサービスです。正社員未経験の人や、全く経験のない業界業種に転職をしたいという人にも手厚いサポートを行います。

やりたいことが分からないという人にキャリアの棚卸・相談をしてくれるため、イチからキャリアプランを見直していきたいという人にもオススメ。

漠然と転職をしてみたい、今の会社には居たくないけどやりたいことがわからない、という人は登録・相談をしてみるといいでしょう。

2.1人平均20時間のサポートが特徴【ウズキャリ】

ウズキャリ画像引用元:ウズキャリ(UZUZ)

若者の転職支援に特化した「ウズキャリ」では、転職者が転職先で楽しく働けることに重きを置いており、一人一人に対して平均20時間のキャリアサポートの時間を設けています。※

一人ひとりの課題や希望を丁寧にヒアリングし、それぞれに合わせたオーダーメイド型の転職サポートを実施しているんです。

実際にキャリアアドバイザーも既卒・第二新卒の転職活動を行った経験のある人が多く、同じ立場・目線でアドバイスをくれる人も多いのが特徴といえるでしょう。

ウズキャリ(UZUZ)

3.20代女性のための研修も実施【ジェイック】

JAIC画像引用元:ジェイック

ジェイックも20代の転職活動に特化した転職エージェントサービスです。

フリーター・第二新卒・大学中退者なども含めた20代の転職において、入社後の定着率が90%を超える結果を出している(※)のも特徴です。

女性のキャリアチェンジに特化した「女子カレッジ」という相談会や就職支援講座にも力を入れているので、若手女性の方が転職活動を始めたいと思った時に、ぜひ一度相談してみて損のない転職エージェントといえるでしょう。

ジェイック 公式HP

若手女性でも安心の手厚いフォローと情報量でサポートしてくれる転職エージェントがたくさんあります!

女性が転職エージェントを選ぶときに気をつけたい4つのポイント

自分に本当にあった転職エージェントを選ぶにはどうしたらいいのか悩んでいます。
女性に合うものを紹介してもらいましたが、さらに自分のライフスタイルに合ったものを選ぶためにはどうしたら良いのでしょうか?

アドバイザー女性のアイコン

多くの転職エージェントの中から女性がを選んでいくにあたって必要な見方というものがあります。
そのポイントが4つありますので、ぜひこちらを意識して、自分に合う転職エージェントを探していきましょう!

女性が転職エージェントを選んでいくためのポイントを紹介!ここをチェックするだけで転職がグッと楽になりますよ。

Point1:口コミサイトで女性利用者の評判がいいか

転職エージェントを調べていると、いくつか口コミサイトが見つかります。

「OpenWork」「転職会議」「エン ライトハウス」などが有名で、特に口コミ数が多くなっています。

各転職エージェントの比較をしているのでとても参考になりますが、その際に「女性利用者からの評判が良いのか否か」という所を見ていきましょう。

自分の年齢に近い女性の方の口コミを確認していくと、その転職エージェントをあなたが使った時に見立ててイメージすることができます。良い口コミの多い所を選ぶのはもちろん、自分の環境に照らし合わせて見ていくのが大切です。

ただ、口コミサイトには信憑性の低い口コミも混ざっているので、しっかり自分で判断することが大切です。

Point2:女性アドバイザーが多いか

女性のキャリアアップやキャリアチェンジを考えるにあたって、同じ立場になって考えてくれる人が多い転職エージェントを選ぶのが良いでしょう。

やはり女性だからこそ経験するライフステージ・ライフプランがあるので、そのあたりの配慮をしてくれるのが良い点です。

また、転職エージェントは自分の現在の仕事面・プライベート面を総合的に見て最適なキャリアプランなどを検討してくれるので、男性には相談しづらいことなどもあるでしょうから、念のために女性のアドバイザーが担当してくれるほうが何かと都合がいいはずです。

Point3:女性向けのコンテンツがあるか

女性向けの転職エージェントサービスであれば、女性向けのメディアコンテンツが配信されていたり女性限定の転職イベントが開催されていたりと様々なコンテンツが準備されています

それだけ女性のユーザーをしっかりサポートしていきたいと思っているということなので、十分量な女性向け求人を保有しているということになるでしょう。また、自分に合った情報を効率よく集めることができるのも良い点と言えます。

Point4:出産・育児を経験したアドバイザーがいるか

女性のキャリアプラン・ライフステージを考えるにあたって「出産・育児」という所は外せないポイントです。

そしてその大変さについては経験をしているか否かで大きく異なります。現在育児中の人はもちろんですが、これから出産・育児を控えているという人は是非この点を注意してほしいです。

この大変なところも含めてしっかりとプランニングをしてくれる方に相談を受けることができるとベストです。

たとえ担当の転職エージェントの人がそうでなかったとしても、「出産・育児」の点のみ相談できる別担当の方を要望してみるのもいいかもしれません。

結局のところ、女性に合った転職エージェントを探すためには女性のアドバイザーが多くいる転職エージェントを見つけるのが一番です。

>>女性向けの転職エージェントについて詳しく知りたい方はこちら!

転職エージェントを利用するための7つのステップ

初めて転職エージェントを利用するので、どのように進めていけばいいのか分かりません。
新卒のときは学校からの紹介などを利用していたのですが…。
あとは、転職エージェントを使うことでどんなメリットがあるのかも改めて知っておきたいです。

アドバイザー女性のアイコン

初めての転職活動であれば、転職エージェントの利用の仕方が分からなくて当たり前なので安心してください!
これから紹介するステップに沿って登録・転職活動をしていきましょう。

転職エージェントを初めて使う人必見!転職エージェント登録から内定獲得までの流れを紹介します!利用の流れ

ステップ1 申込み:公式サイトから登録をする

口コミサイトなどから気になる転職エージェントを見つけたら、まずはその名前で検索をして公式サイトに行きましょう。

改めてそこでその転職エージェントが公式に提供しているサービス内容やメディアコンテンツなどを確認して、自分に必要なものが揃うのかをチェック。

多くの転職エージェントではこの作業を簡単にできるよう選択式などにしていて、数分でできるところが多いので安心してください。名前や住所などの基本情報だけで登録でき、後から職務経歴や自己PRを入力するという方式がほとんどです。

ステップ2 面談:希望やスキルをじっくりと聞いてもらう

登録後、多くの場合転職エージェントから電話で連絡があり、初回面談の日程調整をされます。

対面が難しい場合はオンラインミーティングや電話を活用して面談ができることもあります。

日程を調整した後は、その時に提出する「履歴書」や「職務経歴書」を作成することになります。
転職活動において必須となるこの書類について作成方法が分からないときは、転職エージェントに相談しましょう。

実際に面談をするときには、あなたのこれまでのキャリアや身に着けたスキルなどを話すことになります。

転職エージェントはあなたの転職が上手くいくようにサポートしてくれるので、その内容を基により良い伝え方を教えてくれます。企業側にあまり伝えたくない内容から自分の一押しのポイントまで全て話しましょう!

ステップ3 求人紹介:少しでも興味があれば応募してみる

その後あなたの希望やスキルをもとに、いくつか求人の紹介を受けます。

条件に合いそうな求人を数件ほどを提示されその中から気になる求人、普通の求人、希望しない求人などに分けながら厳選していきます。

その際に気をつけておくと良い点は、ちょっとでも良いなと思ったところにはどんどん応募をすることです。

自分の本命となるような企業の面接を受ける前に、いくつか練習をしておくと良いからです。

また、自分の可能性を閉ざさないためにもまずは門戸を広くしておくのがオススメです。

ステップ4:応募:添削を受けながら採用試験を受ける

たとえ面接後に不採用通知が来た際も、全く無駄にならないのが転職エージェントを活用した転職の良い点です。

普通の転職であれば「不採用通知」が来るのみで何のフィードバックをうけることはできません。

しかし転職エージェントを介していれば、少なからず何かしらの「不採用にした理由」を企業が転職エージェント側に伝えています。

その内容を部分的にでも聞くことができるはずなので、積極的に聞いてみると良いでしょう。こうしていくつかの改善を進めながら転職活動を進めていくのが、内定獲得への近道です。

ステップ5 内定:入社日調整、退職サポートを受ける

ここが転職エージェントを活用するときに最も嬉しいポイントといえるかもしれません。

自分が受けたいと思う企業に合わせた書類添削や面接対策を受けることができます。自分の提出する書類の事前の添削、各企業ごとに合わせた想定問答を活用した面接対策などがあるので、自信をもって採用試験に向かうことができるでしょう。

内定獲得後も転職エージェントを活用できます。

企業との条件交渉は自分が少しでも良い条件で働くためにも必要となる工程です。どうしても自分で内定先に条件交渉をするのは気を遣ってしまうでしょう。そこを間に入ってくれるので心置きなく自分の希望を伝えることが可能です。

また、現職を退職する流れがあまり上手くいかない時にも相談に乗ってくれるので、遠慮なく活用しましょう。

これらが全て完了すれば、転職活動は終了となります!

女性が転職エージェントを最大限に活用するコツ5選

転職エージェントを活用した転職の流れが分かってきました!
でも、色んなサービスがあったりやることがたくさんあったり混乱してきそうです。
これだけは押さえておくと大丈夫というようなポイントがあると助かるのですが、何かいい方法はありませんか?

指立てる女性アドバイザー

確かにこれだけ聞いているとなかなか大変かもしれませんが、次にご紹介する5つだけ押さえておくとスムーズに転職活動を進めることができますよ!

女性が転職エージェントを最大限に活用するコツ5選
・コツ1 最低でも2週間に1回は連絡を入れる
・コツ2 早めに転職したいと伝えておく
・コツ3 ライフプランなどを正直に話しておく
・コツ4 合わない場合は担当の変更をお願いする
・コツ5 経歴やスキルの嘘はつかない

コツ1:最低でも2週間に1回は連絡を入れる

現職やプライベートが忙しい場合であっても、2週間に1回は転職エージェントにメール又は電話の連絡を入れると良いです。

転職エージェントもサービスとして提供しているので、どうしても転職に前向きな人を優先して対応せざるを得ません。

十分なサービスを常に受けるためにも定期的な連絡をするのが重要となります。その際には現在の転職活動の状況や現職での動きなどを報告していきましょう。

コツ2:早めに転職したいと伝えておく

実際には転職したい時期が決まっているとは思いますが、可能な限り早めに転職したいと伝えておくのがベストです。

先述した通り転職エージェント側も早く転職につながる人を優先させてしまいます。自分に優良な求人を紹介してもらえるようにするためにも、できる限り早く転職をしたいと伝えておくほうが良いのです。

また、企業側が急な人員補充をするときに声をかけてもらえるようにするためというのもあります。

コツ3:ライフプランなどを正直に話しておく

仕事のことだけでなく、プライベートのことも含めたライフプランを正確に伝えておくのが良いです。
あくまでも仕事は人生設計のなかの1つの要素にすぎません。

自分がどのようなライフプランを考えているのかを伝えておくことでそれに合わせた求人に絞って紹介をしてくれます。

転職エージェントはあなたの味方ですので、全てを正直に話しておくのが重要となります。
都合の悪いことを話したとしても、それをどのように良い表現に変えていくのかなどを一緒になって考えてくれるはずです。

コツ4:合わない場合は担当の変更をお願いする

転職エージェントといえども、一人の人間なので各転職希望者との向き不向きがでてくるはずです。

あなたが少しでも「何かが合わないな…」と思うことがあれば素直に伝えていくのが大切です。

1つの転職エージェントには複数のアドバイザーが必ずいるので、そのサービスを使いたいけれど担当が合わないときは「担当変更」を願い出るのが得策です。

転職という人生の転換期にあたることですので、遠慮なく後悔の無いようにしていきましょう。

コツ5:経歴やスキルの嘘はつかない

転職エージェントはあくまでもあなたが伝えた内容をもとに「オススメの求人」や「キャリア相談」を行ってくれます。

この大前提となる「あなたの伝えた経歴やスキル」が誤ったものであれば、適切なアドバイスを行うことはできません。

また、繰り返しになりますが転職エージェントはあなたの味方ですので、企業に伝えたくないようなマイナスの経歴等も「どのようにすればプラスに受け止めてもらえるか」を一緒になって考えてくれます。

だからこそ、経歴やスキルは嘘をつかず素直に転職エージェントに話しましょう。

転職エージェントを活用するには、スムーズな連絡と素直な対応が重要です!

>>【2021年度保存版】おすすめの転職エージェントとその選び方や活用ガイド

この記事の著者

eric.a

社会人歴15年で販売、編集者、営業職など転職経験4回あり。実際に利用した転職エージェント・転職サイトは10以上にのぼり、その経験を元にキャリア構築・転職活動に関わる記事を執筆中。

arrow_right 新着記事をもっと見る
arrow_upward