Close
転職
転職についてのHowTo情報サイト menu

女性の転職に有利な資格10選をご紹介。資格を選ぶときのポイントとは?

転職をする予定で資格に興味を持った女性は、

『転職をするには、資格があった方が有利なのかな?』
『転職のために資格を取得したいけれど、そんな時間やお金を準備できない…』

など、いろいろ疑問に思われているのではないでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

「転職に有利な資格を取得」するためには、
「転職市場でどのような資格が求められているのか」を理解することが大切です!

なぜなら、転職市場の需要を理解することで、「転職活動をするなかで、本当に求められている資格やスキルを理解すること」が可能になるからです!
そこで、この記事では「女性が転職活動において有利な資格」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、転職活動中に有利となる資格の種類と、便利な資格取得支援制度を理解できて、最短距離で転職活動に臨むことができます!

なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

複数の転職エージェントを併用するメリット
1.各転職エージェントのデメリットを補い合って利用できる
2.様々な視点でアドバイスをもらえる
3.多くの非公開求人を確保できる
4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

今からでも取得できる、女性の転職で役立つ資格10選

資格の勉強画像

転職を考えているのですが、資格を一切持っていないし転職活動をこのまま進めていけるのか悩んでいます。
何か転職に有利な資格などが分かれば、頑張って取りたいなと思っているのですが…。
転職にオススメな資格などはありますか?

指立てる女性アドバイザー

資格取得から頑張っていくというのも、転職活動における一つの道だと思いますよ。
でも世の中にはたくさんの資格があるので、どの資格を取ればいいかわからないですよね。
そこで今回、女性の転職活動において、取得しておくと有利になる資格をまとめてご紹介します!

 

自分の得意分野、興味のある分野のものがあれば、ぜひ積極的に勉強をしてみましょう!

その1:簿記検定2級以上

どんな会社であっても必要となる部門が「経理」です。

会社の大切なお金を管理する部門であるため、一定量の知識を必要とはしますが、多くの会社が募集しているためオススメできる資格なのが「簿記検定」です。
その中でも日商簿記2級以上をオススメします。3級レベルでは企業の経理に対応できない事が多いため、多くの企業では2級以上のレベルを求めています。

3級を受けていなくても2級からチャレンジすることができますので、自主学習で3級・2級をまとめて勉強していきなり受験というのも王道コースです。

経理事務として求められる人材になるために、必須の資格といえるでしょう。

その2:宅地建物取引士

不動産に関わる企業であれば重宝される資格が「宅地建物取引士(通称:宅建)」です。

不動産の売買や賃貸借において、契約成立までの間、知識のない購入者や賃借人に重要事項説明書の交付と説明を行える資格です。不動産の売買や賃貸を行っている会社であれば、この資格を持っている人が全ての契約者に説明をしないといけないため、一定数確保することが必要です。

だからこそ、宅建保有者は資格手当を支給する企業なども多くあるのです。

また、不動産業界のみならず建築業界や金融業界でも業務に応じて活用できる資格でもあるため、幅広く役立つものといえるでしょう。

その3:ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(通称:FP)とは、個人的な資産運用や金融に関するアドバイスを行う仕事です。
お客様から収入・支出の現状や家族構成、資産の有無などを聞いて、それをもとにお客様の未来のライフプランニングをサポートします。

ファイナンシャルプランナーの資格は、国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能士」や、民間資格としてのAFPやCFPなどがあります。

金融・保険・証券などの業界であれば、直接的にこの資格が役立ちます。
また、自分自身のライフプランを見直すためにも役立つ資格でもあるため、そのような目線から勉強をスタートするのもよいかもしれません。

ファイナンシャルプランナーは3級〜1級まであり、一般的に転職の際にアピールとして有効なのは2級以上と言われています。
2級を受けるには3級に合格する必要があります。試験は3級、2級は年に3回、1級は年に1回のみです。取得を考えている人は早めに計画して受験できるようにしましょう。

試験の日程や回数は状況により変わる可能性があるので必ず都度確認してください。

その4:MOS

MOSとはMicrosoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の略で、多くの企業で使われている、Microsoft社が提供している「オフィスソフト」の操作スキルを証明する資格です。

これまで学校や会社で使用したことがあるような「Word」「Excel」「Power Point」から、データベースや情報管理ソフトである「Access」「Outlook」の技能を問うものまで、5科目に分かれています。

試験自体は、それぞれのソフトを使用して操作する実技試験となります。
基本的なパソコン事務スキルを保有していることを客観的に示すことのできる資格なので、非常に便利なものといえるでしょう。

その5:行政書士

行政書士は、「行政書士法」により定められている国家資格で、官公署へ提出書類や事実証明に関する書類を作成する「書類作成医業務」、その申請を代わりに行う「許認可申請の代理」、クライアントからの相談を受けてアドバイスを行う「相談業務」を行うことができます。

国民と行政のパイプ役を担う法律の専門家として注目されている資格です。

弁護士事務所・法律事務所への転職はもちろん、法律の基礎知識を証明するための資格としても有能なので、企業の法務部への転職なども見込めます。

その6:TOEIC

TOEICとは、アメリカのETS(Education Testing Servivce)が運営する英語を母国語としない人を対象にした英語コミュニケーション能力テストです。

世界約160か国で試験が実施されており、ビジネスにおける英語力を測る指標として広く活用されています。

実際に英語を活用する職種であれば、必須言語レベルとしてTOEICのスコアを掲げている求人も数多くあります。
また、使用頻度が低い職種であっても、客観的にレベルを理解できるため、TOEICスコアを参考にする企業は多いでしょう。

その7:キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、2016年より創設された国家資格で、個人の適性や職業経験に応じて職業設計を行い、それに合わせた職業選択や能力開発を効果的に行う専門家です。

企業の人事や教育関連の部門、大学のキャリアセンター、人材紹介・人材派遣会社などの分野で活躍できる資格といえるでしょう。

現在転職を検討している皆さんのように、人生を見つめなおすときに仕事は切っても切り離せないものです。
そんな大切な「仕事・職業」を選択するサポートを行うお仕事が、キャリアコンサルタントなのです。

その8:社会保険労務士

社会保険労務士とは、主に社会保険・労働関係の法律に関する書類作成や給与計算などの業務を担います。
社会保険労務士は幅広い仕事に対応する必要があるため、数多くの法令を学ばないといけない法律の国家資格といえるでしょう。

試験としての難易度が非常に高いため、保有者であれば多くの企業で活躍できる可能性があります。
特に、企業の人事部で働く際に必要な知識を総じて学ぶことのできる資格であるため、人事部に絞った転職であれば、非常に有効性が高いものといえるでしょう。

その9:医療事務

医療事務は、病院の一般的な事務業務や、会計、レセプト作成業務までを実施する事務職です。

レセプト作成とは、患者さんから頂いた初診料・診察料・検査費・薬代などの全ての医療費を点数に換算して計算し、国や国民健康保険組合に対して請求する診療報酬明細書を作成する業務のことをいいます。

病院特有の業務を担うためには必要な資格ではありますが、国家資格ではなく民間資格のみとなっています。

医療事務への転職に際して資格は必須ではありませんが、医療機関によってはどの資格を取得しているかを採用の条件として具体的に挙げている場合もあるので、希望の就職先がある場合などは確認しておきましょう。

>>医療事務について詳しく知りたい方はこちら!

その10:保育士

保育士とは、子どもの保育と保護者に対しての保育指導を行うことのできる国家資格です。

保育士の仕事して最も一般的なのは、保育施設で0歳から6歳までの乳幼児の保育を行うもの。
保育園や福祉施設への転職を検討している人にはもちろんですが、子どもに関わる企業(塾や習い事の講師、子ども服の販売員、アミューズメント施設の職員など)では歓迎される資格でもあります。

子どもが好きで子どもと関われるような仕事に就きたいと思っている人であれば、転職に役立つ資格といえるでしょう。

女性の転職に役立つ資格を選ぶときの6つのポイント

具体的に目指したい業界が定まっていないのですが、自分の経験やスキルに自信が無いのでまずは資格取得にチャレンジしたいと思っています。
先ほど紹介していただいた資格を含め、いろんな資格があるのでどれを選ぼうか悩んでいます。
転職に役立つ資格、という目線で選ぶときのポイントなどはありませんか?

指立てる女性アドバイザー

資格取得からチャレンジするのも、良い方法だと思いますよ。勉強を通して業界やお仕事の理解を深められますからね。
業界・職種などを絞ることなく、転職に役立つ資格を選ぶという場合にもポイントがありますので、それぞれご紹介していきたいと思います!

転職に役立つという目線で、自分に合った資格を選ぶためには次の6つのポイントを大切にしましょう!

ポイント1:転職時の自己アピールで役立つ

「転職」においては資格というのは、履歴書に記載する内容として、面接で話す内容として役立つかという視点も大切です。

「資格を取得していることでできること」はもちろん、取得する過程やその目的などの話をもとに、「自分の性格や得意分野」「大切にしている観点」をアピールしていきましょう。

自分のアピールの下支えになり得るか?という目線をもとに、取得を検討する資格を選定していきましょう。

ポイント2:独立開業や起業も可能

転職後のキャリアアップを目指している人であれば、独立開業・起業に役立つような資格もオススメです。

転職をするためだけでなく、今後目指していきたいものを軸にしながら資格を選んでいくと良いでしょう。

そのなかでも、独立開業しやすい士業(司法書士・行政書士など)であったり、柔道整復師やあんまマッサージ指圧師、専門調理師などの技術系の資格などは、実際に自分の事務所や店舗を持ちたいという方には魅力的な資格となるでしょう。

ポイント3:働きながらでも取得可能

資格取得を目指すなかでネックとなるのが、お金と時間です。つまり、働いて稼ぎながらも資格取得に向けて時間を割けるか否かというのが大切なポイントになります。

次の仕事に転職するまでの期間をどの程度と捉えているか、自分のキャリアを考えるうえで資格取得にどれだけの時間や労力をかけられるかを十分に検討したうえで、資格取得に向けて時間を確保できるかを考えましょう。

働きながらでも無理なく頑張れば取得できる資格を目指すのがベストと言えます。

ポイント4:厳しい受験資格がない

各資格試験の受験資格を見てみると、さまざまな制限が設けられていることが多くあります。

例えば、受験資格として別の資格や下位資格の取得が必要であったり、大学における特定科目の単位取得を条件としていたりというもの。
受験をするために一苦労というものだと、その条件に達するまでの間に疲れてしまうということも。

働きながら無理なく目指していくことのできる、厳しい受験資格がないものにチャレンジするのをオススメします。

ポイント5:年齢制限のない職業に就ける

資格を取得したものの、年齢制限があるためなかなか活躍できない…という事態になってしまったら本末転倒ですよね。

年齢は関係なくその資格さえあれば活躍できるものを選ぶのが良いでしょう。また、受験資格そのものに年齢制限があるものもあります。

多くの場合、国家公務員や地方公務員などの公の職に就くための受験資格で見受けられます。

年齢制限があるか否かというポイントは、まず初めに見るように心がけましょう。

ポイント6:資格取得にあまり費用がかからない

資格取得に費用がかかるものだと、チャレンジするための踏ん切りがなかなかつかなかったり、資格取得の過程で金銭的に苦しくなって断念したりと、足かせになってしまいます。

だからこそ、受験料・テキスト代・受講料などを総合的に鑑みて、費用のあまりかからないものを選ぶ事をオススメします。

それにより、途中であきらめることなく、そしてハードルをあげることなく資格取得にチャレンジすることができます。

あくまでも取得して初めて形になるものなので、無理のないものを選ぶのに越したことはありません。

転職のための資格取得に活用できる制度4選

資格取得支援イメージ

「転職」を前提とした資格取得にチャレンジをしたいと思っています。
自主学習には自信が無くスクールに通いたいと思っていますが、そうなると費用が思ったよりかかってしまって手を出すことができません。
金銭面で諦めたくないのですが、自主学習以外で何か良い方法はないでしょうか。

指立てる女性アドバイザー

金銭面は多くの方にとって資格取得の壁になってしまうのは否めません。
だからこそ、さまざまな資格取得支援制度があるので、ぜひ活用を検討してみましょう。
それぞれ条件や対応する資格試験などがありますので、その点に注意して自分に合った支援制度の活用をオススメします。

転職のための資格取得支援制度をそれぞれ紹介します。自分に合うものを見つけて活用しましょう!

その1:一般教育訓練給付金

国が定める教育訓練旧制度の一つで、雇用保険法における失業等給付のひとつとして定められている制度です。

実際の支給額は、教育訓練経費の20%に相当する額で、上限額は10万円となります。ただし、4千円を超えない場合は支給されませんので注意してください。

多くの資格スクールで対象となる資格を明記しており、宅地建物取引士、FP、医療事務など様々な資格が対象となるので、資格取得を検討している人はぜひ一度活用を検討してほしい制度です。

支給対象になるには下記のようにいくつか条件があります。支給期間や支給額にも決まりがありますので、必ず厚生労働省職業安定局の運営するハローワークインターネットサービスなどで確認しましょう。

一般教育訓練給付金の支給対象者
・受講開始日現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、1年以上)あること

・受講開始日時点で被保険者(※1)でない方は、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期間の延長が行われた場合は最大20年以内)であること


・前回の教育訓練給付金受給から今回受講開始日前までに3年以上(※2)経過していること

など一定の要件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)又は被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合に支給。※1 被保険者とは、一般被保険者及び高年齢被保険者をいいます。
※2 平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合はこの取扱は適用されません。参照:ハローワーク 教育訓練給付金制度

その2:専門実践教育訓練給付金

先ほどの「一般教育訓練給付金」制度から拡充された制度で、より専門的で実践的な訓練の受講をして修了・資格取得する方を支援するものです。

なんと教育訓練経費の最大70%(年間上限56万円)が支給される場合があるので、対象となる資格を検討する方はぜひ活用していきましょう。ただし、4千円を超えない場合は支給されません。

対象資格は、介護福祉士、看護師、美容師から法科大学院にいたるまでさまざま。

本格的に資格取得の上、転職を考えたい!と思った時に該当となる資格や学習がどんなものなのか一度見ておくと良いでしょう。
こちらも受給にはいくつか条件があります。必ず厚生労働省職業安定局の運営するハローワークインターネットサービスなどで確認しましょう。

専門実践教育訓練給付金の支給対象者
・受講開始日現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、2年以上(※1))あること・受講開始日時点で被保険者(※2)でない方は、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期間の延長が行われた場合は最大20年以内)であること・前回の教育訓練給付金受給から今回の受講開始日前までに3年以上(※3)経過していること
など一定の要件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)又は被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合に支給。
※1 平成26年10月1日前に旧制度の教育訓練給付金を受給した場合であって、初めて専門実践教育訓練を受給しようとする場合は2年、同年10月1日以降に旧制度の教育訓練給付金又は一般教育訓練給付金の支給を受けた場合は3年以上。
※2 被保険者とは、一般被保険者及び高年齢被保険者をいいます。
※3 平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合はこの取扱は適用されません。参照:ハローワーク 教育訓練給付金制度

その3:ハロートレーニング

ハロートレーニングとは、離職者・求職者支援の公的な職業訓練制度です。

雇用保険を受給している求職者を対象に、厚生労働省が主体となり行っているもので、就職に必要な職業スキルや知識を習得するための訓練を無料で行っています(一部テキスト代などは自己負担)。

期間は2か月から6か月のコースが一般的で、機械加工技術やWEBデザイン、医療事務や経理などさまざまなコースが用意されているため、多くの人に役立つ支援制度といえるでしょう。

どのようなコースが開講されているかは、厚生労働省や各都道府県のホームページに掲載されているため、まずは一度眺めて確認するのをオススメします。

※参照:厚生労働省 ハロートレーニング

その4:今の企業に資格取得支援制度があれば活用しよう

企業によっては、資格取得支援制度を独自に準備しているところもあるでしょう。

企業の資格取得支援制度は、たいていはその企業で活躍する人材を育成するのが目的であり転職のために準備しているわけではありませんが、使えるものを活用するのは大切な視点です。

また、その支援制度を使って学習する中で、今いる企業で活躍する未来を描ける可能性だってあります。

目の前にある自分のキャリアを見つめなおす制度をしっかり活用していきましょう。

資格を活かした転職にオススメな転職エージェント

女性就活生

今まで教えていただいた資格取得のアドバイスを参考にしながら、勉強と転職活動をスタートすることにしました!
転職サポートを無料でしてくれる「転職エージェント」のサービスを使ってみようと思っています。
自分に合うところがわからなくて困っているのですが、オススメの転職エージェントってありますか?

アドバイザー女性のアイコン

転職エージェントサービスは、複数社の活用をオススメします!
資格取得も視野に入れた転職活動において、活用できる転職エージェントをご紹介しますね!

便利でお得な転職エージェントをうまく活用して、スムーズに転職を進めましょう!

1.国内トップの求人数であらゆる業種をカバー:リクルートエージェント


引用元:リクルートエージェント

リクルートエージェントの最も素晴らしい点は、約24万件を超える「豊富な求人案件数」(※3 2020年3月時点)と「信頼の実績」です。

しかもその求人案件は職種を問わず幅広く保有しているため、他社では少なくなりがちな医療事務や学校事務などの事務職をもカバーしています。
また、求人関係の業界としては最大手のリクルートが運営しているため、大手企業から中小企業まで幅広い求人があります。

女性向けの事務職として人気の高い職種にも力を入れている点が評価されており、登録しておいて損はない転職エージェントだといえるでしょう。

※3 リクルートエージェント 求人情報

2.女性の転職を応援するコンテンツも:doda


引用元:doda

dodaは、通常の転職メディアと転職エージェントの良い点を両取りしたサービスを提供しているのが特徴。

女性向けのキャリアサポートに力を入れており、女性の転職・求人情報として「Woman Career」というページ(※)で、女性向けの求人を見やすくまとめています。

そして転職のお役立ち情報などもあり、事務職を目指したい人に向けた特集コンテンツなどもあります。

もともと豊富な求人数を誇るパーソルキャリアの強みを活かした転職サービスなので、多くの人が満足できるでしょう。

doda Woman Career

【関連記事:各種資格について知りたい方は下記をクリック!】

この記事の著者

eric.a

社会人歴15年で販売、編集者、営業職など転職経験4回あり。実際に利用した転職エージェント・転職サイトは10以上にのぼり、その経験を元にキャリア構築・転職活動に関わる記事を執筆中。

新着記事をもっと見る
arrow_upward