Close
転職
転職についてのHowTo情報サイト menu

女性が正社員に転職するのはメリットだらけ!転職のコツをご紹介

「女性の転職 正社員」とキーワードで調べている人は

『今の仕事から、正社員に本当に転職できるのだろうか?』
『自分の希望に沿った転職を考えたとき、正社員を選ぶのが正しいのだろうか?』

などの悩みがあるのではないでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

「正社員に転職」をするためには自分が転職市場でどんなポジションにいるのか、そして自分が転職先に求めるものを明確にすることが大切です!

なぜなら、自分の転職市場での価値を理解することで、「転職しやすい業界・企業を理解すること」が可能になるからです!

また、自分が転職先に求めるものを明確にすると、勤め始めてからのギャップを減らすことができます。
そこで、この記事では「女性が正社員に転職するため」のノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

複数の転職エージェントを併用するメリット
1.各転職エージェントのデメリットを補い合って利用できる
2.様々な視点でアドバイスをもらえる
3.多くの非公開求人を確保できる
4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

女性こそ正社員への転職がオススメ!5つのメリット

正社員女性イメージ

契約社員として働いていて、将来的なことを考えるとやはり不安が残ります。
今後の結婚や出産のことなどを考えると、そろそろ次のキャリアを考えたほうが良いのかも…。
これから簡単に正社員を目指せるのかもわかりませんし、転職活動を少しずつ始めたほうが良いのでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

将来のことを考えると、悩みは尽きないですよね。
現在契約社員とのことですが、パートやアルバイトの方を含めて、正社員への転職は可能なら検討した方が良いと思います。
その理由について、それぞれご紹介しますね!

女性の働き方として「正社員」はメリットがたくさん!
可能な限りキャリアアップを検討してみるのをオススメです。

メリット1:安定収入があるため、出産をしても安心

もしもの時に、安定した収入があるというのは本当に大切なポイントです。
子どもができたときに、通院やそれに付帯する費用、出産・子育ての準備と様々な出費が積み重なっていきます。
そのときに安定した収入があるか否かで、安心感が大きく変わってくるのです。

だからこそ、もしもの時に備えて、将来の自分が安心できる働き方をチョイスするというのをオススメします。

メリット2:再就職するときに有利

産後・子どもがある程度大きくなったタイミングなど、ライスステージが変化したときに再就職をするうえで有利に働きやすいというのも、オススメできるポイントです。

正社員として働いていた経歴は、少なからず履歴書の上では有利に働くことでしょう。

中途採用を行う企業としては、即戦力として働いてもらえる人材が来ることを望んでいますので、正社員として深く会社に入り込んで勤めていた人のほうが、より欲しい人材に近いということも程度の差はありますが考えられます。

再就職を検討するとき、人事担当者がどう思うかという視点も一つの大切な要素となってきます。

メリット3:長期休暇や時短勤務など融通が利く

子育てや家庭の事情に伴い、長期休暇や時短勤務などの融通が利きやすいのも、正社員のメリットです。

企業側からすると正社員は長く勤めてほしいという想いが強くなるため、ライフステージに合わせた柔軟な対応をより検討してくれやすいといえるでしょう。

また、多くの求人を見てみると、正社員としての採用であれば長期休暇の取得や時短勤務の調整等に対応してくれるものが見つかりやすい傾向にあります。

一つの会社に長く腰を据えて働くという目線から、検討してみると良いのではないでしょうか。

メリット4:ローンなどを組むときに有利

子どもの送り迎えに必要となる自動車の購入時や、新しい住まいを購入するときに切っても切り離せない「ローン」を組む際に、正社員という肩書はとても大切です。

もちろんパートナーに協力をしてもらうことは大切ですが、世帯年収を引き上げ、夫婦共に正社員であるだけで、ローンの上限金額に大きな違いが生まれます。

社会的な信用という目線からも、正社員として働くことにメリットがありますよ。

メリット5:退職金や年金など、老後の保障が手厚い場合が多い

長期的な将来を考えたとき、正社員としてメリットを感じることができるのが老後に関してです。

企業に長く正社員として勤めると、多くの場合で退職金を貰えたり、企業型確定拠出年金で運用が可能だったりします。
正社員でなくとも退職金を支給する企業はあるようですが、その額に差が生じるケースがほとんどです。

また、年金についてはその会社の提示する条件によりますが、厚生年金に加入できる場合が多く、その場合は国民年金のみ加入している場合とでは最終的な受取金額に大きな差が生じます。

こうした格差を是正するような動きがあるようですが、完全になくなるのはまだ先ですので、正社員を選択するのは得策と言えます。

【コラム】女性が正社員で働くデメリットは工夫次第でカバーできる!

一度は正社員で働くことも考えたのですが、転勤や残業、働くペースのことを考えると踏み切ることができませんでした。
どうしても正社員は自由が利かず、自分らしく働きづらいイメージがあります。
自分らしく自由に安定して働く方法はないのでしょうか?

アドバイザー女性のアイコン

そのようなお悩みもよくわかります。確かに、正社員として働くと自由が利かず、負担が大きい会社もあるのは事実です。
しかし、転職活動時に少し気をつけておくだけで、そうしたデメリットをきちんと解消して正社員職に就くことも十分に可能です!

正社員のデメリットをきちんと把握して、それをカバーできる求人探しをしましょう。

正社員のデメリットの一例として、転勤や異動があげられます。
原則会社側の辞令には従わなければならず、同居する家族との生活にも影響が出てきます。
予期せぬ望まない場所への配属が決まってしまうリスクはできる限り避けたいですよね。また、残業や休日出勤などが必要になるケースもあるでしょう。
子育てをしている家庭であれば、決まった時間に勤めるだけでも大変なのに、残業が増えてしまうと家族の時間を安心してとることができません。
だからこそ、こうしたデメリットを回避できる求人をしっかり選んで転職活動をしていきましょう。
転職活動を実施するタイミングで、最優先する項目を「勤務時間」や「転勤なし」としておくと、意外と条件に当てはまる求人は見つかるものです。
多くの要望をもっているとなかなかうまく求人をみつけることはできませんが、大切にしたいポイントをきちんと絞れば、大丈夫ですよ。

転職において、求める条件をきちんと整理して絞ることが、正社員転職の大切なポイントです。

女性が正社員に転職するときにチェックしてほしい項目5選

これからのキャリアのことを考えて、正社員への転職を検討してみようと思います!
初めて本格的な転職活動をするので、何をしたらいいのか分からないのですが、色んな情報があって何をすればいいのか分からなくなっています…。
正社員への転職活動をするときに見ておくべきポイントなどはありますか?

指立てる女性アドバイザー

もちろんあります!
ただ漠然と求人情報や紹介を受けるのではなく、きちんと求めるモノが得られるかを確認しながら転職活動を進めていきましょう。
特に女性がこれから正社員を目指すというのであれば、大切にしてほしいポイントがいくつかありますので、ご紹介します!

女性がこれから正社員を目指すときに、特に注目してほしいポイントを5つ紹介します!

その1:職場への通いやすさ

意外と重要視されないのが、職場への通いやすさです。「近ければいいな」とは思う人は多いのですが、他の条件を優先しがちです。
しかし、職場が家から近いだけで様々なメリットを得られます。

まず、通勤時間が短く済むので、プライベートの時間を確保できます。
例え通勤時間が30分だったとしても、往復で考えれば1時間。毎日1時間が通勤に使われていると思うと、決して短いとは思えませんよね。

次に、もしもの時に柔軟な動きができます。子どもの急病、予定外の急用などが生じた際に、通いやすい職場であるだけで、柔軟にスケジュールを調整できるようになります。

その2:産休・育休制度を実際に利用した社員がいるか

産休・育休制度は整えているけれど、実際には活用できていないという会社はたくさんあります。

だからこそ、実際に取得できている人がいるのか否かという点を確認するようにしましょう。

一般的な求人広告であれば、アピールポイントなどに「産休・育休取得実績あり」などを記載しているところが多いため、その語句を見つけることのできる求人に絞る、という方法もありますね。

その3:勤務時間の融通が利くか

近頃はテレワークや時差出勤などが少しずつ普及してきました。働く時間を職場の全員でそろえる必要性が、業務のオンライン化により減ってきているようです。

しかし、打ち合わせや会議、直接話さないと難しいことなどもあるため、働く時間をある程度は合わせる必要が出てきます。
その勤務時間をできる限り柔軟に対応できる会社を見つけることができれば、自分のライフスタイルに合わせて働き方を変えることができますよね。

新しい柔軟なワークスタイルを探すのも、自分に合った会社を見つけるのには必要と言えるでしょう。

その4:子供のいる正社員の在籍数

明確に出している企業は少ないのですが「子供を持つ女性正社員の在籍数」を確認するのは良い視点です。

子供を持つ女性正社員の人が多くいるということは、それだけ子育てをしながら働きやすい環境だといえるからです。
子育てを理由に離職・転職する人が一定数いる中、その心配もなく働き続けられる会社であれば、長く腰を据えて安心して勤めることができるでしょう。

ぜひ、企業のホームページや採用担当者、転職エージェントに質問をしてみて、情報を集めてみると良いと思います。

その5:ライフイベントがあった後も働き続けるイメージがわくか

その4にも通じるのですが、様々なライフイベントがあったとしても、同じ働き方を続けられるか、または企業側がそれに応じてくれるイメージがきちんとわくか否かという点も大切です。

今後起きるであろう想定に対応できる職場を選ぶということは、長く働く中で大切なポイントです。

これは、転職を決めている人のみならず、現在転職を考えることなく働き続けている人にも言えます。未来をきちんと想定して、それに応じてくれる環境なのか否かを見据えておきましょう。

将来のことを十分に考えて、キャリアの選択をしていくことが大切です!

女性が正社員に転職するための4つのポイント

これから正社員に転職するにあたって必要な視点が分かってきました!
でも、転職活動が初めてなので、どのような業界や職種を選択したらいいか、自分のアピールポイントがどこなのかがいまいちわからなくて…アドバイスをお願いします!

アドバイザー女性のアイコン

初めての転職活動だと分からないことだらけですよね。
そこで、女性が正社員に転職するにあたって押さえてほしいポイントを整理しましたので、ぜひ参考にしてみてください!

より正社員へ転職しやすくなるポイントを、一つひとつご紹介します!

ポイント1:経験した業界や業種に転職する

忘れてはいけない中途採用の最大の特徴が「あなたの経験・知識を中心に、採用不採用がきまる」という点。

もちろん人柄や姿勢もありますが、そこは企業として最低限の条件です。経験した業界・職種間での転職であれば、それだけで企業側としてはプラスポイントになります。

自分自身が同一業界・職種で働くことに負担がないようであれば、ぜひその強みとなる部分を活かした転職活動を行うのをオススメします。

ポイント2:成長している企業や業界を目指す

成長している企業や業界は、それだけ人材も流動的になっており、積極的に人材を採用しようとする姿勢が強く現れます。

将来的な安定面などを考えたうえでもオススメできるのが、成長企業・業界です。経済にあらゆる動きがあっても景気に左右されない強さを持つ企業を見つけて、就職できるともしものときも安心です。

これまでの常識が通じない社会になってきているからこそ、新しく成長しているところへ飛び込むのも、安定のための新しい考えといえるでしょう。

ポイント3:資格を取って即戦力であることをアピールする

ポイント1でも述べたように、中途採用では即戦力の人材が求められます。

その際にアピールするのに便利なのが資格です。第三者が一定量の技術・知識を認めたことを示す「資格」は、採用側からすると分かりやすい「採用するメリット」に見えてきます。

また、直接関わりのある資格でなかったとしても自ら新しい知識を学ぶ姿勢や意欲があるというアピールになります。

自分の自信に繋げるためにも、資格の取得を日頃から考えておくのは良い姿勢といえるでしょう。

ポイント4:妥協できる条件・できない条件を明確にしておく

これまでの話を総合すると、現在自分が置かれている状況や見据えている将来に合わせて、自分が大切にしたい軸を定めておくのが重要です。

そのためにも、絶対に妥協できない条件をいくつか決めておき、そこからブレないように転職活動を行いましょう。

そのうえで妥協しても良い条件もいくつか決めておきましょう。条件を全て叶えられる職場がもちろん理想的ですが、必ずそんな職場に出会えるとは限りません。妥協しない姿勢が強すぎるといつまでも決まらない可能性があります。

正社員の職を探すにあたって、上記4点を特に意識しながら活動をすすめていきましょう!

女性が未経験職種の正社員に転職するためには?

経験のある業界や職種が転職において強みになるのは十分理解できました。
でも、もし妥協できない一番のポイントとして「未経験の業界・職種で正社員になりたい」場合、転職は難しいのでしょうか?
何かいい方法あれば、教えてください!

指立てる女性アドバイザー

もちろん大丈夫ですよ!
転職をするにあたって妥協したくない点を既に掲げているのは素晴らしいことです!
それでは、これまで未経験の業界・職種でも正社員の仕事に転職する方法を、いくつか見ていきましょう!

未経験から正社員を目指していくポイントを5つご紹介していきます!

ポイント1:未経験から正社員になるには事務職や接客業がオススメ

一度転職求人サイトを見てみると気づく方もいるとは思いますが、事務職・接客業は未経験からの募集をしているところが多くあります。

それは専門的な技術が要らないからというわけではなく、この業界では各企業ごとに独自のオペレーションやルールを決めていることが多いというのも一つの理由です。

だからこそ、未経験からでもOKの仕事を探しやすい業界・職種といえるでしょう。

ポイント2:できるだけ早いうちに転職をする

「第二新卒」という単語があるほど、若手であれば未経験からの転職がしやすい風土が転職市場にはあります。

様々な企業の風土に染まりきることなく、まだフレッシュな状態であることが、逆に価値ある人材となっているのです。だからこそ、一度転職をすると決断したら、できる限り早いうちに行動を起こすのをオススメします。

また、転職市場は流動的で、良い条件の求人は早々に埋まってしまいます。良い求人に出会うためにも、少しでも早くアクションをしていきましょう。

ポイント3:アルバイトや派遣から正社員を目指す

どうしても勤めたい業界・職種・企業があるという場合には、あえて一度アルバイトや派遣からスタートするのも有効な一手と言えるでしょう。

業界・職種によってはまったく未経験の人をイチから採用しない風土があるケースもあります。そこで、敷居の低いアルバイトや派遣を挟むことで、勤務形態はどうあれ「経験」という何物にも代えがたいモノを得られます
その経験をもとに、正社員の転職や正社員登用制度を活用していくのも良いでしょう。

ポイント4:業界や職種の知識をつけ、「未経験でも戦力になる努力」アピールする

アルバイト・パートで経験を得るほかにも、外部から知識を得る方法もあります。

例えば、不動産業界に勤めたいという人であれば、今の仕事を続けながら「宅地建物取引主任者」の資格の勉強をすると、その業界の知識などを身につけることができます。

他の業界であっても、資格の勉強や理解をすることが、転職活動における強みになるでしょう。

ただ中途採用では資格を持っていることが評価につながらず、実務経験を重視する傾向がどうしてもあるので「未経験からでも戦力になる為の努力をしている」という証明としてアピールしましょう。

ポイント5:今までの経験がどう活かせるのかをアピールできるようにしておく

業界・職種未経験であっても、社会人としての経験があることはゆるぎない事実です。

そのため、これまで勤めていた企業でどのような経験をしたのか、どんな成果を上げたのか、どんなポジションで頑張ってきたのかを丁寧に棚卸して、アピールできるようにしておきましょう。

必ずしも業界・職種の経験が無くとも、活かせるところはあるはずです。優秀な人事担当者であればその点に気づいてくれるため、自分のアピールできるポイントを十分に磨き上げるというのも大切なポイントです。

【コラム】年齢が上がると正社員に転職しにくい?年齢別に求められる資質とは

先ほど「できる限り早い方が転職しやすい」という話があったと思いますが、やはり年齢に応じて転職の難易度は上がるのでしょうか。

指立てる女性アドバイザー

年齢が上がると転職しづらくなるとは一概に言えません。
年齢に応じて、求められるものが変わってくる、というのが正しい答えになります。
年代ごとに、企業の求めるレベル・資質を理解して、自分のスキルや知識を働きながら増やしておく事をオススメします!

先程も述べた通り、20代などの若い人材であれば、経験や知識以上に熱意や想い、人格などの部分をもとに判断されることが多いでしょう。
しかし、30代となると業界や職種に対する専門性や知識が求められるようになります。例えマネジメント経験が無くとも「自分にはこんな経験・実績がある」と言える人材であることが大切です。
そして40代以上となると、業界や職種にもよりますが、自分の実績のみならずteamとしての実績や、マネジメント経験を求められるケースが増えてきます。
年代に応じてアピールできるポイントをしっかり切り替えて、転職活動に臨んでいきましょう!

女性が正社員に転職するためにオススメの転職エージェント8選

女性就活生

転職活動をスタートすることに決めました!
転職サポートを無料で手厚くしてくれる「転職エージェント」のサービスを使ってみようと思っています。
ただ、調べてみたらいろんなサービスがあって迷ってしまって…。オススメの転職エージェントはありますか?

アドバイザー女性のアイコン

新しい決断をされたのですね!
では早速ですが、女性が正社員に転職するにあたってオススメの転職エージェントを紹介します。
転職エージェントはたくさんありますが、それぞれ特徴が全く違うので、うまく使い分けて転職活動を進めていきましょう!

1.ライフスタイルに合った仕事が探せる【type女性の転職エージェント】

Type女性の転職エージェント引用元:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、その名の通り女性向けに特化した転職エージェントとなっています。

年間5000件以上のキャリアカウンセリング・転職支援の実績を誇り、サービス自体も18年以上提供し続けている(※)ことからも転職エージェントとして古株といえます。

「女の転職type」という女性の転職情報メディアも運営しており、長年の女性向け転職ノウハウ蓄積があるため、幅広い情報を得られること間違いなしです。

それぞれのライフスタイル・今後のキャリアプランに合わせたサポートを貰える転職エージェントといえるでしょう。

type女性の転職エージェントの特徴

2.キャリアアドバイザーが親身で高評価【パソナキャリア】

パソナキャリアトップ画像
引用元:パソナキャリア

転職・派遣などで知名度の高い「パソナキャリア」ですが、女性向けの転職活動にも近年力を入れています。

2016年より女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チーム「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足し、女性の転職サポートに数多く携わってきたアドバイザーが、ユーザーの要望や悩みに真摯に向き合いキャリアアップを全力でサポートする体制を整えています。

また、保有している求人情報についても女性社員が実際に活躍している姿や、働きやすさなどをしっかり企業側にヒアリングをしているようです。

女性一人一人に合ったサポートをしてくれることでしょう。

3.求人の多さ・サポートの手厚さに定評あり【doda】

doda画像
引用元:doda

通常の転職メディアと転職エージェントの良い点を両取りしたサービスを提供しているdodaでも、女性向けのキャリアサポートに力を入れています。

女性の転職・求人情報として「Woman Career」(※)というページがあり、女性向けの求人をよりやさしく、転職のお役立ち情報などもまとめています。

もともと豊富な求人数を誇るパーソルキャリアの強みを活かしたdodaの転職サービスなので、多くの人に満足してもらえるでしょう。

doda Woman Career

4.トップクラスの求人数から探せる【リクルートエージェント】


引用元:リクルートエージェント

リクルートエージェントの大きな魅力は、2021年3月時点で公式・非公式合わせて24万件を超える国内最大級の「豊富な求人案件数」(※)です。

幅広く求人を保有しているため、職種や業種を決めずいろいろな軸で求人を提案してもらいたい人は、まず登録しておいて損はない転職エージェントだといえるでしょう。

リクルートエージェント 求人件数

5.若手向けの求人が豊富【マイナビエージェント】


引用元:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、比較的後発の転職エージェントではありますが「マイナビ転職」等のメディアの知名度も高く、案件数・利用者数共に伸びてきている転職エージェントです。特に20~30代の若手向けの求人を得意としています。

マイナビでは、「マイナビ転職 女性のお仕事」という女性に特化したサイト(※)を運営しており、女性の転職のためのノウハウやコラムなど豊富な情報を持っているため女性への転職に強いと言えます。

未経験からの転職や初めての転職活動のサポートも手厚いため、転職活動そのものに不安を感じている人にはまずオススメの転職エージェントといえるでしょう。

マイナビ転職 女性のお仕事

6.フリーターや未経験歓迎【パスキャリ】

パスキャリ引用元:パスキャリ

社会人経験が浅かったりフリーターから正社員を目指す転職を考えている人にはパスキャリの活用をオススメします。

保有している公開求人数1025件(※2021年3月時点)と少ないですが、そのほとんどが未経験OKの求人となっています。

また、就職面接への同行・同席が可能だったり「パスキャリで就職を成功させた人の72%は未経験から」と公言しているとおり、キャリアに自信が無い人や、経験が浅かったりする人へのサポートに強いのが特徴です。(※)

セミナーのコンテンツの中で求人紹介や個別のカウンセリングなども行われており、悩みの解消から求人探しまでワンストップで行ってもらえるのが心強い転職エージェントです。

ただ、サポートの対象地域が一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られているので希望のエリアが対象外の人は注意してください

パスキャリ 公式サイト

7.フリーターや既卒など経歴に自信がなくてもOK【ハタラクティブ】


引用元:ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は20代のフリーターや既卒・第二新卒の転職に強い転職エージェントサービスです。
正社員未経験の人や、全く経験のない業界業種に転職をしたいという人にも手厚いサポートを行います。

やりたいことが分からないという人にキャリアの棚卸・相談をしてくれるため、イチからキャリアプランを見直していきたいという人にもオススメ。

漠然と転職をしてみたい、今の会社には居たくないけどやりたいことがわからない、という人は登録・相談をしてみるといいでしょう。

8.20代女性のための研修も実施【ジェイック】

JAIC画像引用元:ジェイック

ジェイックも20代の転職活動に特化した転職エージェントサービスです。

フリーター・第二新卒・大学中退者なども含めた20代の転職において、入社後の定着率が90%を超える結果を出しているのも特徴です。

女性のキャリアチェンジに特化した「女子カレッジ」という相談会や就職支援講座にも力を入れているので、若手女性の方が転職活動を始めたいと思った時に、ぜひ一度相談してみて損のない転職エージェントといえるでしょう。

ジェイック 公式HP

指立てる女性アドバイザー

女性にオススメの転職エージェントをうまく活用して、新しいキャリアを描いていきましょう!

>>女性の転職に有利な転職エージェントについて詳しく知りたい方はこちら!

この記事の著者

eric.a

社会人歴15年で販売、編集者、営業職など転職経験4回あり。実際に利用した転職エージェント・転職サイトは10以上にのぼり、その経験を元にキャリア構築・転職活動に関わる記事を執筆中。

新着記事をもっと見る
arrow_upward