Close
転職
転職についてのHowTo情報サイト menu

20代がキャリアチェンジ転職を成功させるためのポイント5つ

20代でキャリアチェンジの転職を考えている人は、

『20代での転職は早すぎる気もするし、もう少し現職で経験を積むべきか』
『キャリアチェンジはキャリアアップではないし、自分のキャリアに傷が付くのではないか』
『もし転職した先の企業が自分に合わなかったらどうしよう』

と悩みますよね。

指立てる女性アドバイザー

「20代のキャリアチェンジの転職を成功」させるためには、転職先の業界や企業をしっかりリサーチして、自分自身の転職目的やスキル・経験を明確にすることが大切です!

なぜなら、転職先の企業をよくリサーチし、自身の転職軸やスキルを明確にすることで、転職後の後悔が生まれにくくなり「20代のキャリアチェンジ転職を成功せる」ことが可能になるからです!

そこで、この記事では「20代のキャリアチェンジ転職」に関するノウハウを全てお伝えします。

なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

複数の転職エージェントを併用するメリット
1.各転職エージェントのデメリットを補い合って利用できる
2.様々な視点でアドバイスをもらえる
3.多くの非公開求人を確保できる
4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

20代のキャリアチェンジ転職のベストタイミング

キャリアチェンジイメージ

思案顔の就活生アイコン

自分の将来をなんとなく考え始めている中で、キャリアチェンジという転職を最近知り興味を持っています。
未経験の業界にチャレンジすることだと理解しているのですが、正しいでしょうか?
また、キャリアチェンジに適した年代も教えてください。

アドバイザー女性のアイコン

未経験という理解で正しいのですが、例えば同じ業界であっても職種が変わればキャリアチェンジと呼ぶこともあります。
キャリアチェンジの場合、現職の経験が生かされないこともありますが、その分業務の経験幅が広がるメリットもあります。

キャリアチェンジの意味と、キャリアチェンジにベストなタイミングをご紹介します。

<20代>のキャリアチェンジは最適なタイミング

キャリアチェンジとは先ほどご紹介した通り、現職とは異なる業界や職種に転職することで、場合によっては前職の経験が充分に生かされないケースがあります。

キャリアチェンジであっても、前職の専門的な経験が求められている場合は20代が有利であるとも言い切れないのですが、前職の専門的な経験が特に生かせない場合は「ポテンシャル採用」の趣が強く、このケースは20代が最適なタイミングになります。

このような前提に立つと、「新卒を採用した方が良いのではないか?」という疑問が生まれますが、新卒は社会人としてのルールやマナーから教育が必要になります。

20代の転職者にはその必要がないので、企業には20代の転職者を採用するメリットがあります。

<30代以降>のキャリアチェンジはハードルが上がる

30代以上のキャリアチェンジは、基本的にはハードルが上がります。
ポテンシャル採用の要素が強くなれば、その後のキャリアが長い20代の方が有利なためです。

しかし、例えば「会社が新しい事業に参入するので、参入業界の経験者を採用したい」といった場合は、前職の専門的なスキルや経験が必要とされているので、30代以降がターゲットとなるケースもあります。

夢を叶える!20代のキャリアチェンジのメリット3つ

就活男性アイコン

キャリアチェンジの意味や最適なタイミングについてよく理解できました。
キャリアチェンジにはどのようなメリットが考えられるのでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

キャリアチェンジのメリットはいくつかあります。夢や憧れを叶えられる点も大きなメリットですよね。
今回はポイントを3つに絞ってお伝えします!

キャリアチェンジのメリットとは?主要な3点をご紹介!

メリット1:好きな業界・仕事に就ける可能性がある

学生時代から憧れの業界や職業がありながらも、夢破れて別の仕事をしている方もいると思います。

また、社会人になってからやりたいことが現職の他に見つかるケースもあります。
キャリアチェンジのメリットの1つは、そのような憧れの業界や職業に就けるということです。

メリット2:市場価値をアップ。新しいスキルを身に付けられる

キャリアチェンジによって、現職と異なるスキルを身に付けられる点も大きなメリットです。

長い目でみたときに、複数の業界や職種を経験していることは、自身の市場価値を図る際の武器になることも多くあります。

メリット3:複数の業界経験から自分のキャリアを客観視できる

多くの人材は、1つの業界や1つの職種しか経験しないのですが、複数の業界や職種を経験していることで、自分のキャリアを俯瞰的に認識することができます。

よって、自分のキャリアを多くの選択肢の中から選ぶことができるメリットがあります。

20代のキャリアチェンジのデメリット3つ

就活男性アイコン

キャリアチェンジのメリットを知り、私もキャリアチェンジを積極的に考えていこうと思いました!
その一方で、キャリアチェンジのデメリットはあるのでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

キャリアチェンジにもデメリットはあります。
転職においては、メリットとデメリットをしっかりと確認して、ご自身の転職軸に照らし合わせた上で、「転職するかどうか」から判断してください。

キャリアチェンジのデメリットを3点ご紹介します!

デメリット1:ゼロからスタート、新しい仕事を覚えるのに時間がかかる

転職後に活躍できるようになるまで時間を要することはキャリアチェンジのデメリットです。

キャリアチェンジは基本的に新しい仕事をゼロから覚える必要があります。

転職前の職場でようやく仕事を回せるようになってきたタイミングで転職し、またゼロから新しいことを覚えるのは精神的にもストレスがかかります。

デメリット2:未経験なら必然。即戦力でない場合は収入ダウンの可能性もある

即戦力でなく、ポテンシャル採用の時点で収入が落ちることは必然とも言えるのですが、転職に際してはご自身が許容できる最低限の年収を計算して、転職を決める必要があります。

デメリット3:新しい仕事でミスマッチする可能性もある

最後のデメリットは、憧れの仕事だったはずなのに「合わなかった」というケースです。

憧れや想いが強いからこそ、現実とのギャップに失望してしまうケースもありますので、事前に企業のリサーチをしっかり行うようにしましょう。

企業をリサーチする際は、インターネット等の情報だけでなく生の声を聞くことが重要です。知人や転職エージェントを積極的に頼って、意見を聞くようにしましょう。

アドバイザー女性のアイコン

キャリアチェンジのデメリットは、仕事をゼロから覚え直す必要があること、収入が下がる可能性が高いこと、転職してみたら「合わなかった」というケースがあることの3点が挙げられます。

【コラム】最低でも1年以上!勤続年数が短いと転職が不利に

転職する際に注意が必要な現職の在籍年数についてご紹介します!
キャリアチェンジの転職は特に20代が有利であるとご紹介しましたが、現職の在籍年数が短すぎると不利になります。
これはキャリアチェンジに限ったことではなく転職全般に言えるのですが、在籍年数が1年未満の場合は、「在籍期間が1年未満ということは本人に何か問題があるのではないか?」「うちに入ってもすぐに辞めてしまうのではないか?」という疑念を持たれますので注意が必要です。

チャンスを活かすには?キャリアチェンジを成功させるポイント5つ

思案顔の就活生アイコン

在籍年数が短すぎると不利になる理由、納得です。
キャリアチェンジの転職をする際の注意点は理解できたので、成功させるためのポイントはありますでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

キャリアチェンジの転職を成功させるポイントは大きく分けて2つです。
1つは、転職する業界や企業、職種をよく調べること。もう1つは、ご自身の経験やスキルをしっかり棚卸しすることです。

キャリアチェンジを成功させるためのポイント5つをご紹介!

その1:業界・会社のリサーチを入念にする

キャリアチェンジの転職は、特に経験のない業界や職種への転職になりますので、転職先の業界や企業、職種を入念にリサーチすることが必要です。これは、転職後のギャップをなるべく減らすことが主な目的です。

転職後にギャップを感じればまた転職すれば良いと考えてしまいがちですが、現職の在職期間が短い状態での転職は非常に難しくなります。

このようなギャップを生まないために、事前に時間をかけて入念に転職先を調べるようにしましょう。
また、これらのリサーチはインターネット情報だけでなく、転職エージェントや知人等から生の声を直接聞くことを心がけましょう。

その2:第三者の意見も重要。自己分析を深く掘り下げる

キャリアチェンジであっても、あなたのポテンシャルを示すために自己分析は必要不可欠です。

まずは自分自身で整理することをお勧めしますが、第三者があなたをどのように見ているか、先入観を持たずに素直に聞くことで、自己分析を深掘りすることが可能になります。

その3:仕事で培ったスキルや資格の棚卸をする

仕事で培ったスキルは丁寧に棚卸しましょう。
その際に、自分の強みだと認識した点、その逆に弱みだと思った点も書き出してみましょう。

特に、どういう困難があり、それをどう乗り換えたかは詳しく分析してください。

キャリアチェンジの場合は、仕事をゼロから覚え直す可能性が高いため、企業としてはあなたが「困難にぶつかったときにそれをどうやって乗り越えるのか」という点を重視します。

これは、「以前Aという問題があった際にBで乗り越えた」のであれば、転職してから「Cという困難があってもBのように乗り越えてくれるだろう」という再現性を確認するためのものです。

その他にも、資格など分かりやすい情報を整理することも有効と言えます。

その4:スキル・経験が仕事にどう役に立つのか伝えられるようにする

キャリアチェンジであっても、前職のスキルや経験が全く役に立たないことはありません。

仕事というのはどの業界、職種であってもその根本は「課題の解決」であり、多くの場合は「チームでの解決」が求められ、その中に「個人としての役割や得意分野」があります。

こういった広い視点に立ち、自分の経験やスキルがどのように活かせるか、伝えられるように準備することがポイントです。

その5:職務経歴書には詳細な経歴を記入する

職務経歴書はエントリーシートと同様に、面接に進むために必要な最初の関門となります。

「詳しくは面接で話せばいいや」と簡潔に書くのではなく、「この人に会いたい」と採用担当者に思ってもらえるように、詳細な経歴を書くようにしましょう。

指立てる女性アドバイザー

職務経歴書はあなたの経験を代弁しますので、見づらくならない程度に、可能な限り詳しく書くようにしましょう。

【コラム】客観的な判断も重要。転職エージェントに相談してみよう
転職を何度も経験する人は少ない上に、人生において重要な決断になるので、なるべく慎重に正しい判断をしたいですよね。その際に最も頼りになるのは、転職エージェントです!
様々な企業の情報や転職のノウハウを持っているだけでなく、多くの転職事例を経験値としてもっていますので、あなたの思考性やスキル・経験を踏まえて、より適した選択肢をアドバイスしてくれます。
是非、多くの転職エージェントに登録して、情報量を増やすとともに、よき相談相手を獲得してください。

20代のキャリアチェンジにおすすめの転職エージェント

20代の転職でメジャーに使われている転職エージェントのうち、どんな人にもおすすめできる代表的なものをご紹介します。
それぞれの特徴を載せていますので、合いそうなところへいくつか登録して相談してみましょう。

1.リクルートエージェント:国内トップクラスの求人数から探せる


引用元:リクルートエージェント

総合型転職エージェントの大手「リクルートエージェント」は、求人数や実績もトップクラス。
非公開含めて20万件以上(※2021年3月時点)という圧倒的な求人数を保有し、大手や有名企業の求人も豊富にあります。

求人内容は業種・職種問わず網羅しているので、たくさんの求人を見比べることができるので、幅広く業種・職種選びから相談したい、という人に向いています。

リクルートエージェント 求人数

>>リクルートエージェントについて詳しく知りたい方はこちら!

2.doda:手厚いサポートに定評あり


引用元:doda

doda(デューダ)は、求人件数において約10万件(※2021年3月時点)とリクルートエージェントに次ぐ規模を誇る転職エージェントです。

エージェントサービスのほかに検索型の転職サイトも運営しており、好みや目的に応じてサービスの切り替えや併用が可能です。

また、フォーマットに沿って簡単に提出書類が作れる「職務経歴書ビルダー」や、自己分析に役立つ「自己PR発掘診断」など、転職活動に不慣れな第二新卒の人には頼りになるツールが揃っています。

doda 公式サイト

相談してみる!
公式サイトはこちら

>>dodaについて詳しく知りたい方はこちら!

3.マイナビエージェント:若手、第二新卒に特化

マイナビエージェント第二新卒
引用元:マイナビエージェント

『マイナビエージェント』は新卒の就職活動で利用する人も多い『マイナビ』と同じ会社が運営する転職サービスです。

全体の求人件数は、非公開求人も含めて約3万9,000件(※2021年3月時点)。リクルートやdodaに比べて少なくはなるものの、未経験歓迎や第二新卒歓迎の求人を多く取り扱っており、特に若い世代向きのサービスと言えます。

マイナビエージェント 求人検索
※2 マイナビエージェント 第二新卒にオススメのご紹介企業情報

4.パソナキャリア:利用者満足度で常に高い評価

パソナキャリアトップ画像
引用元:パソナキャリア

人材派遣大手のパソナが運営する『パソナキャリア』は対応が丁寧で親切なエージェントとして知られており、「オリコン顧客満足度調査」の転職エージェント部門で2019年〜2021年の3年連続第1位を獲得しています。(※)

初めての転職でも安心でき、頼れるエージェントと言えるでしょう。

オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門

5.マイナビジョブ20’s:20代の若手に特化

『マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)』は20代・第二新卒の転職のみに特化している転職エージェントです。

各大手転職サイトでも第二新卒向けの特集やサポートが組まれていますが、このエージェントはサービス自体を20代・第二新卒に特化しているため、さらに専門的なサポートを受けることができます。

6.ハタラクティブ:キャリアの浅い人にもおすすめ


引用元:ハタラクティブ

『ハタラクティブ』も若手に特化した転職サービスですが、中でも第二新卒やフリーターなど、特にキャリアの浅い人をメインターゲットにしています。

利用者の3人に2人が正社員経験がなく、全くの未経験でも入社しやすい求人を取り扱っていることが分かります。

第二新卒の中でも、キャリアにあまり自信の無い人や未経験業界に挑戦したい人におすすめです。

 

この記事の著者

eric.a

社会人歴15年で販売、編集者、営業職など転職経験4回あり。実際に利用した転職エージェント・転職サイトは10以上にのぼり、その経験を元にキャリア構築・転職活動に関わる記事を執筆中。

arrow_right 新着記事をもっと見る
arrow_upward