Close
転職
転職についてのHowTo情報サイト menu

第二新卒におすすめの転職エージェントまとめ|年収アップのための全知識も

「第二新卒におすすめの転職エージェント」について調べている人は

『第二新卒のエージェントをどうやって選んだらいいのか分からない…』
『第二新卒にずばりおすすめのエージェントが知りたい!』

と思っているかもしれません。

指立てる女性アドバイザー

転職にあまり慣れていない第二新卒の人にとって、転職エージェントは強力な味方になります!
そのため、転職エージェントを選ぶポイントや注意点をあらかじめしっかりと理解しておきましょう。

この記事では「第二新卒の転職エージェントの選び方」に関するノウハウを全てお伝えします。
記事で解説した内容を踏まえ、実際におすすめしたい転職エージェントも最後にご紹介します。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

複数の転職エージェントを併用するメリット
1.各転職エージェントのデメリットを補い合って利用できる
2.様々な視点でアドバイスをもらえる
3.多くの非公開求人を確保できる
4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

第二新卒が転職エージェントを利用する4つのメリットとは?

思案顔の就活生アイコン

新卒の時は『リクナビ』や『マイナビ』など就職情報サイトを見ていましたが、転職はエージェントを使うのがメジャーだと聞きました。
転職サイトとはどう違うんでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

転職エージェントは自分で情報を探したり応募したりする転職サイトとは違い、専属のアドバイザーが一人ひとりに合った求人を紹介するサービスです。
新卒の就職と比べて経験をベースに話が進められることが多く複雑なので、エージェントを使う人が多くなっています。
特に第二新卒の人にはおすすめですので、まずはそのメリットを具体的に見ていきましょう。

第二新卒の転職でエージェントを使うメリットを解説します。

1.ひとりで転職活動をするよりも効率的

第二新卒の枠で転職活動をしている場合、ほとんどの人にとってそれが初めての転職活動になると思います。

分からないことを一から自力で調べるのは非常に時間がかかるでしょう。そもそも、何をどう調べて良いかも分からない人がほとんどだと思います。

転職のプロであるエージェントに力を借りることで、一から調べる作業を省き効率的に転職活動を進められます。

2.非公開求人も紹介してもらえるので、転職の幅が広がる

転職市場には、エージェントからの直接の紹介でしか知ることのできない「非公開求人」というものがあります。
これは、企業が競合他社等に知られずに採用を進めたいケースや、特定の条件を持った人のみ選考したいケースなどが当てはまります。

保有求人数のうち半分以上が非公開求人になっているエージェントもあります。

エージェントに登録することで、そこでしか見つからない求人に出会うことができ、転職の幅が広がります。

3.未経験の業界・職種にも挑戦しやすくなる

転職を考えた場合、多くの人は経験のある業界・職種の中から仕事を選びます。その方が良い条件で採用されることが多く、キャリアアップにも繋がるからです。

しかし、第二新卒はポテンシャル採用をされるケースも多いため、経験をあまり気にせず転職できる最後のチャンスです。

一人だと不安で敬遠しがちな未経験の業界・職種にも、相場を知っている転職エージェントからアドバイスを受けることで挑戦しやすくなるでしょう。

4.転職のプロが全ての転職活動をサポートをしてくれる

転職エージェントは、ただ求人を紹介するだけのサービスではありません。転職活動における全てのステップで以下のようなサポートが受けられます。

転職エージェントから受けられるサポート

・自己分析のサポート
・業界/企業研究のサポート
・エントリーシートの添削
・面接のアドバイス
・年収交渉
・その他 企業とのやりとり(面接調整、結果確認、書類確認など)

※上記は一例です。サービスによって多少の違いがあります

不慣れな転職活動を全面的に支援してくれる頼もしい存在です。

【コラム】第二新卒の転職は簡単?それとも難しい?

第二新卒に限らず「簡単」な転職というものはありませんが、考え方によっては、第二新卒は転職市場において有利な存在です。

既に社会に出ており一通りのビジネスマナーなどは身についている一方、まだ会社に染まり切っていないフレッシュな感覚を持ち合わせています。

第二新卒の採用枠を確保している企業も多く、サービスによっては第二新卒に特化した転職アドバイザーがいる場合もあるなど、色々な面で優遇が受けられます。

転職をするなら、他の世代と比較して有利な第二新卒のうちに踏み切るのがおすすめです。

第二新卒の転職に役立つのは、どんな転職エージェント?

就活男性アイコン

転職エージェントって想像以上に豊富なサービス内容でびっくりしました。
ここまで色々サポートしてもらえるなら転職で使わない手はないですよね。

指立てる女性アドバイザー

そうなんです。転職エージェントは便利なので利用者も多く、その分様々な特徴を持ったサービスが展開されています。
まずは自分に合ったエージェントを賢く選ぶことが大切なんですよ。
ここからは、第二新卒の転職でエージェントを選ぶポイントを4つお教えします。

第二新卒の転職でエージェントを選ぶ際に参考にしたい、役立つエージェントの特徴を解説します。

1.第二新卒向けの求人数が多く、求人の質が良い

転職エージェントを利用する際、まず重視したいのが「求人数」の多さです。幅広い業界・企業の求人を扱っているサービスの方がキャリアの可能性が広がります。

また、転職エージェントはサービスによって利用者層が少しずつ異なります。若手向けの案件が多いサービスでは、第二新卒の求人を積極的に扱っている傾向にあり、おすすめです。

2.初めての転職活動を手厚くサポートしてくれる

先ほど、転職エージェントでは求人の紹介だけでなく様々なサポートを受けられるとお話しました。

中でもそれぞれのステップで「手厚い」サポートをしてくれるエージェントに頼るのがおすすめです。

公式サイトでサポート内容をチェックし、より手厚いサービスを選びましょう。

3.求職者の希望に合う転職先を提案をしてくれる

転職エージェントのサービスの基本は求職者の希望を聞き、それに沿った求人を紹介することです。

しかし、例えば「労働条件を良くしたい」という転職理由があるにもかかわらず、残業の多い求人紹介してくるなど、まれに希望を汲み取ってくれないアドバイザーもいます。

アドバイザーが自分の希望に沿った提案をしてくれているかどうかを見極めましょう。

4.プロならではのアドバイスをしてくれる

希望を汲み取ってもらうことも大切ですが、一方でただ求人を紹介するだけのアドバイザーは頼れません。

プロならではの観点で自分の気づいていないことを教えてくれたり、アドバイスをしてくれたりするエージェントを探しましょう。

例えばプロの目線でキャリアを見据えた結果、あえて別業界を提案するなど、自分の世界を広げてくれるエージェントが見つかるとベストです。

第二新卒の転職!おすすめの「転職サイト」は?
この記事では転職エージェントについて解説していますが、並行して転職サイトも利用したいという人もいるでしょう。第二新卒におすすめな転職サイトは、新卒向けのサイト『リクナビ』の転職版『リクナビNEXT』です。
「第二新卒歓迎」という検索軸で求人検索ができたり、第二新卒特集が組まれていたりと、第二新卒の人が使いやすいサイト構成になっています。
また、求人数が多いためまずは求人を見てみたいという人にもおすすめです。参照:株式会社リクルートキャリア『リクナビNEXT』

第二新卒が転職エージェントを選ぶ時に注意するべきポイントは?

就活男性アイコン

転職エージェントはサービス自体がとても便利だけど、その中でどのエージェントを選ぶかも大切なんですね。
自分に合った転職エージェントを早速探してみたいと思います!

アドバイザー女性のアイコン

転職エージェントはとても便利なサービスですが、選ぶ際や利用する際の注意点もあります。
今後のキャリアに関わる大事なことですから、自分の目でチェックして良い転職エージェントを見極めていきましょう。

転職エージェントを選ぶ時に注意したいポイントを3つ解説します。

1.複数の転職エージェントに登録して併用する

転職エージェントを選ぶ際はどれか一つのサービスに絞るのではなく、複数のサービスを併用するのがおすすめです。

第二新卒の場合は特に色々な人の意見を聞いて視野を広げた方が良いですが、一つのサービスのみを使うと一人のアドバイザーの意見に偏りすぎてしまう可能性があります。

また、エージェントによって扱っている求人は異なるため、複数のエージェントから情報を得ることでより多くの求人と出会うことができます。

2.キャリアアドバイザーのアドバイスを鵜呑みにしない

転職エージェントは転職活動において頼れる存在ですが、全てを鵜呑みにしてしまうと危険です。

企業や職種に関する情報について、できる限り自分の力でも情報収集を行いましょう。

また、企業についてアドバイザーへ質問した際に自信のある回答を得られなかった場合は、改めて企業へ確認してもらえるよう自ら交渉をするなど、当事者として責任を持つことが大切です。

3.キャリアアドバイザーと相性が悪いと思ったら担当を変えてもらう

転職のプロとはいえ、人と人との関係ですのでアドバイザーとの相性が悪いというケースもあり得ます。
違和感があったりコミュニケーションが取りづらいと感じたりしたら、我慢せず担当を変えてもらうのも一つの手です。

第二新卒の転職はこれからの長いキャリアを決める大切なものです。相性の良いアドバイザーに出会い、納得のいく形で転職できるようにしましょう。

【コラム】第二新卒の転職先には、どんな特徴を持つ企業がおすすめ?
一般的に、社会人1~3年目は会社において「新人」という位置づけで、上司や先輩社員からフォローを受けながら仕事をしているケースが多いでしょう。
第二新卒の人はこの「新人」期間に当てはまりますので、入社後きちんとフォロー体制が整っている企業へ転職するのがおすすめです。
即戦力としての採用ではないか、フォロー体制があるかを面接等で確認しておくと良いでしょう。

特定のニーズに特化した転職エージェントがあるって本当?

就活男性アイコン

全て任せきりにせず、自分でもしっかり判断しながら転職活動を進めたいと思います。
早速転職エージェントをいくつか探してみたいと思うんですが、どんなサービスに登録するのがおすすめでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

第二新卒と一口に言っても、今の状況や転職エージェントに求めることなどで、おすすめの転職エージェントは異なります。
様々なニーズに特化した転職エージェントがありますので、特に第二新卒にありがちなニーズからいくつかご紹介します。

第二新卒の転職におすすめの、特定のニーズに特化した転職エージェントの概要を紹介します。

1.異業種に転職したい人向け、未経験に強い転職エージェント

新卒の就職活動と違い、転職市場では特定の経験を持つ人を即戦力として採用する「キャリア採用」が多く行われています。そのため未経験者を歓迎する求人は見つけづらい傾向にあります。

そんな「未経験OK」の求人に特化した転職エージェントが存在します。

第二新卒はもっと上の年代と比べて異業種へ転職しやすい時期ですので、興味のある人にはおすすめです。

2.特定の業種に強い転職エージェント

既にやりたい仕事が具体的に固まっている場合は、特定の業種に強いエージェントに相談するのがおすすめです。

特に資格が必要な専門職などは大手エージェントでの取り扱いが少ないケースが多いため、その業種専門のエージェントに相談することで選択肢を増やすことができます。

3.女性のキャリアアドバイザー多数、女性向けの転職エージェント

女性ならではの価値観やキャリアに関する悩みを理解してもらいながらアドバイスを受けたいという人は、女性のキャリアアドバイザーが多数所属しているエージェントを選択しましょう。

女性向けの転職エージェントは産休・育休が取りやすい企業や、女性が活躍している企業の情報を持っています。

キャリアアップしていきたい第二新卒の女性にもおすすめできます。

【コラム】第二新卒がIT業界で転職する時におすすめの転職エージェントは?
今成長している会社に身を置いてスキルアップを図りたいという第二新卒の人は、IT業界に興味がある人も多いと思います。
IT業界での転職にはIT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェント『Geekly』がおすすめです。
業界特化型ながら10,000件以上の非公開求人(※2021年3月時点)を抱えており、幅広い選択肢を持つことが可能です。
※参照:株式会社Geekly『Geekly』

第二新卒の転職におすすめ!頼れる転職エージェント6選

就活男性アイコン

転職エージェントにも色々な特徴があるんですね!
私の場合、まだ就きたい業種が明確に決まっている訳ではないので、ひとまず幅広く求人を見てみたいなと思っています。

アドバイザー女性のアイコン

それでは、第二新卒の転職でメジャーに使われている転職エージェントのうち、どんな人にもおすすめできる代表的なものをご紹介します。
ご自分に合うサービスを探して、いくつか登録してみてくださいね。

第二新卒の転職に特におすすめな転職エージェントを6つ紹介します。

1.リクルートエージェント:国内トップクラスの求人数から探せる


引用元:リクルートエージェント

総合型転職エージェントの大手「リクルートエージェント」は、求人数や実績もトップクラス。非公開含めて20万件以上(2021年3月時点)という圧倒的な求人数を保有し、大手や有名企業の求人も豊富にあります。

求人内容は業種・職種問わず網羅しているので、たくさんの求人を見比べることができるので、幅広く業種・職種選びから相談したい、という人に向いています。

>>リクルートエージェントについて詳しく知りたい方はこちら!

2.doda:手厚いサポートに定評あり


引用元:doda

doda(デューダ)は、求人件数において約10万件(※2021年3月時点)とリクルートエージェントに次ぐ規模を誇る転職エージェントです。

エージェントサービスのほかに検索型の転職サイトも運営しており、好みや目的に応じてサービスの切り替えや併用が可能です。

また、フォーマットに沿って簡単に提出書類が作れる「職務経歴書ビルダー」や、自己分析に役立つ「自己PR発掘診断」など、転職活動に不慣れな第二新卒の人には頼りになるツールが揃っています。

doda 公式サイト

相談してみる!
公式サイトはこちら

>>dodaについて詳しく知りたい方はこちら!

3.マイナビエージェント:第二新卒に特化したサービスあり

マイナビエージェント第二新卒
引用元:マイナビエージェント

『マイナビエージェント』は新卒の就職活動で利用する人も多い『マイナビ』と同じ会社が運営する転職サービスです。

全体の求人件数は、非公開求人も含めて約3万9,000件(※2021年3月時点)。リクルートやdodaに比べて少なくはなるものの、未経験歓迎や第二新卒歓迎の求人を多く取り扱っており、特に若い世代向きのサービスと言えます。

「第二新卒にオススメのご紹介企業情報」というページで名だたる大手企業の求人を紹介しており(※2)、紹介の機会を得られるので登録しておいて特に損はないといえます。

マイナビエージェント 求人検索
※2 マイナビエージェント 第二新卒にオススメのご紹介企業情報

4.パソナキャリア:利用者満足度で常に高い評価

パソナキャリアトップ画像
引用元:パソナキャリア

人材派遣大手のパソナが運営する『パソナキャリア』は対応が丁寧で親切なエージェントとして知られており、「オリコン顧客満足度調査」の転職エージェント部門で2019年〜2021年の3年連続第1位を獲得しています。(※)

初めての転職でも安心でき、頼れるエージェントと言えるでしょう。

オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門

5.マイナビジョブ20’s:20代の若手に特化

『マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)』は20代・第二新卒の転職のみに特化している転職エージェントです。

各大手転職サイトでも第二新卒向けの特集やサポートが組まれていますが、このエージェントはサービス自体を20代・第二新卒に特化しているため、さらに専門的なサポートを受けることができます。

6.ハタラクティブ:キャリアの浅い人にもおすすめ


引用元:ハタラクティブ

『ハタラクティブ』も若手に特化した転職サービスですが、中でも第二新卒やフリーターなど、特にキャリアの浅い人をメインターゲットにしています。

利用者の3人に2人が正社員経験がなく、全くの未経験でも入社しやすい求人を取り扱っていることが分かります。

第二新卒の中でも、キャリアにあまり自信の無い人や未経験業界に挑戦したい人におすすめです。

第二新卒の転職には、転職エージェントを上手に活用しよう!

ここまでご紹介してきたように、転職エージェントには様々な特徴を持ったサービスがあります。

第二新卒と一口に言っても、人によって「選択肢を広げたい」「手厚いサポートを受けたい」など転職エージェントに求めるものは異なるでしょう。

第二新卒の転職では、異なるメリットを持った複数のサービスを併用しながら、自分に合う転職エージェントを見つけて上手に活用しましょう。

第二新卒の転職には、求人数が多く若い人へのサポートが手厚い転職エージェントがおすすめです。

この記事の著者

eric.a

社会人歴15年で販売、編集者、営業職など転職経験4回あり。実際に利用した転職エージェント・転職サイトは10以上にのぼり、その経験を元にキャリア構築・転職活動に関わる記事を執筆中。

新着記事をもっと見る
arrow_upward