Close
転職
転職についてのHowTo情報サイト menu

マイナビジョブ20’sの評判とは?メリット・デメリットも公開

「20代で就職活動、転職活動をしている」

「はじめての就職活動なので勝手が分からない」

「はじめての就職先は大手に就職したい」

このようなお悩みの方には、マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)という転職エージェントがおすすめです。

なぜおすすめなのか、マイナビジョブ20’s評判と特徴などについて紹介をしています。

20代で就職活動をこれから始める方には、ピッタリの転職エージェントになるので本記事で参考にして就職活動に生かしましょう。

口コミについて

この記事で使用している口コミは、独自にインターネットリサーチを行い収集したものです。

実際にエージェントサービスを利用したことがある方に限定してアンケートを実施しています。リアルな口コミとしてぜひ参考にしてみてください。

調査日:2021年1月22日〜1月27日
調査対象:マイナビジョブ20’sを利用したことのある方
調査方法:インターネットリサーチ

マイナビジョブ20’sとは

思案顔の就活生アイコン

私は現在20代で、転職活動をしていますが上手くいきません。20代に特化した転職エージェントなどはあるのでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

20代で就職活動中の方には、マイナビワークスが運営する「マイナビジョブ20’s」という転職エージェントがおすすめです。マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントで、大手のマイナビグループの豊富なノウハウと経験をもったプロのキャリアアドバイザーが、お仕事を紹介してくれます。依頼をする側の企業も「20代の若手社会人」を必要としている場合が多いです。

マイナビジョブ20’sの特徴は主に下記の2つです。

キャリアアドバイザーの徹底したサポート

マイナビジョブ20’sでは、カウンセリング、書類添削、面接対策、求人紹介などをサポートを徹底しています。

20代専門のサービスになるため初めての転職活動になる方が多い傾向がありますが、年間49,000人以上の20代の求職者が登録をしており、(※1)さらに就職した企業への定着率は96,8%にもなります。(2018年10月31日~2019年9月1日入社の人の3ヶ月の定着率 ※2)

※1 マイナビジョブ20’s 登録数

※2 マイナビジョブ20’s 定着率

適性診断で客観的に自分を分析

マイナビジョブ20s適性診断画像引用元:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sでは、自身の行動スタイルを把握して仕事との関わり方を見直すことを目的としたツールです。

診断を受けることにより、客観的に自身の強みを発見することができ、就職活動に生かすことができます。

既卒に特化した「マイナビジョブ20’sアドバンス」

今回紹介するマイナビジョブ20’sには、マイナビジョブ20’sアドバンスといった転職サービスがあります。

利用対象者は、既に学校を卒業しているけど就職していない、既卒未就業の状態にある20代に特化しています。

サービスを利用出来る条件などが異なりますので事前に確認しておきましょう。

エージェント 条件
マイナビジョブ20’s 20代であれば登録可能
>マイナビジョブ20’sアドバンス ・2020年4月から2021年3月までに4年制大学、大学院、専門学校、短期大学を卒業(予定)した就職未内定者

・上記の学校を2019年以降に卒業した人既卒未就業者

参照:マイナビジョブ20’sアドバンス

既卒でこれから就職を考えている人であれば、マイナビジョブ20’sアドバンスにもマイナビジョブ20’sにも登録できますが、マイナビジョブ20’sアドバンスの方がより事情を汲み取ってサポートしてくれるのでおすすめです。

マイナビジョブ20’sの求人数

就活男性アイコン

マイナビジョブ20’sには、既卒特化のものと20代全般向けのエージェントがあると理解できました。マイナビジョブ20’sはどのような求人が多いのでしょうか?

指立てる女性アドバイザー

マイナビジョブ20’sでは、一般の求人サイトでは公開をしていない非公開求人も多いのが特徴です。どのような求人が多いのか見ていきましょう。

マイナビジョブ20’sの求人:職種別では営業が多い

マイナビジョブ20’sには、現在公開されているもので約2000件ほどの求人があります。(2021年2月時点※3)

マイナビジョブ20’sでは、募集職種では営業職が最も多く求人数の約36%を占め、次いでITエンジニアと事務・管理・企画・経営がそれぞれ約17%と続きます。(2021年2月時点※4)

また、マイナビジョブ20’sは非公開求人も多く扱っているため、登録後アドバイザーに自分の希望の職種をしっかり伝えれば、非公開求人を紹介してくれるケースもあります。

※3 マイナビジョブ20’s 求人数

※4 マイナビジョブ20’s 職種別求人数

マイナビジョブ20’sの求人:都市部に集中している

マイナビジョブ20’sの求人数が多い都道府県TOP5を調べました。

マイナビジョブ20’sの拠点が東京・大阪・名古屋なので都心部の求人が中心となり、全体求人数2036件(2021年2月時点※5)のうち半数近くが東京の求人となっています。

都道府県 求人数(2021年2月時点※5)
東京 902件
大阪 567件
愛知 386件
神奈川 323件
埼玉 222件

※5 マイナビジョブ20’s 地域別求人数

マイナビジョブ20’sのメリット

マイナビジョブ20’sのメリットは3つあります。

メリットを確認した上で、マイナビジョブ20’sが自分に合っているか検討してみましょう。

1.20代の多様な働き方の希望に寄り添っている

20代でまだキャリアが浅くこれから経験を積みたい人や、無理な働き方をせずワークライフバランスを重視した働き方を求める人の気持ちを理解し、「未経験OK」「残業少なめ」など、求人検索がしやすいようになっています。

2.20代の就職をよく知るキャリアアドバイザーが在籍

マイナビジョブ20’sのキャリアアドバイザーは、20代の就職のみに特化したプロのみが在籍しています。

別の転職エージェントのアドバイザーは、様々な年代のユーザーを担当することが多く、キャリアアドバイザーのスキルにもバラつきがありますが、マイナビジョブ20’sは全員が20代の就職サポートのプロとなるので、「わからないことを聞きづらい」などの引目を感じにくいので安心して活動ができます。

3.求人の質が高い

マイナビジョブ20’s独占求人などを含め、約8割は非公開求人となっています。

大手や好条件の求人なども多く、20代であっても質の高い求人に応募することもできると言えます。

マイナビジョブ20’sのデメリット

マイナビジョブ20’sにはデメリットが2つあります。

デメリットがあっても問題ないか確認した上で利用を検討しましょう。

1.首都圏や地方都市以外の求人は少ない

マイナビジョブ20’sの求人の多くは、首都圏や地方都市が中心となっているため、地方に住む方で希望の勤務地が該当しない人は求人を紹介してもらうのが難しくなります。

マイナビジョブ20’sでは、20代向けにセミナーなども定期的に開催していますが、これも新宿、横浜などの首都圏や、大阪、名古屋などの都市が中心となっています。

2021年2月時点ではセミナーはオンライン開催なのでマイナビジョブ20’sに登録すれば誰でも参加可能ですが、勤務地が首都圏や都市部になるため希望勤務地が該当しない人はやはりよく検討した方が良いでしょう。

2.20代後半のキャリアアップには向かない

マイナビジョブ20’sの求人は、これからキャリアを積んで行こうという人には質が良いものが多いですが、既に20代前半でキャリアを積んできて、20代後半でキャリアップのために活動するというような求人は少なくなっています。

キャリアアップをしたいという方は、下記で紹介している別の転職エージェントを利用する方が良いでしょう。

マイナビジョブ20’sが向いている人

思案顔の就活生アイコン

20代であればマイナビジョブ20’sに登録をしておけばいいのでしょうか?どんな人がマイナビジョブ20’sに向いていますか?

アドバイザー女性のアイコン

20代で始めての就職活動となる、または就職活動の経験が浅い方には、マイナビジョブ20’sがピッタリといえます。
他にもどんな人がマイナビジョブ20’sに向いているか紹介をします。

マイナビジョブ20’sが向いている人の特徴を3つ紹介します。

1.初めての就職活動で右も左も分からない人

初めての就職活動で右も左も分からない人は、マイナビジョブ20’sに向いているといえます。

就職活動では、履歴書やエントリーシートなどの書類の作成や企業研究などやることは非常に多いです。

これをはじめての方が全て一人で行うのは、非常にハードルが高くなりますが、マイナビジョブ20’sを利用すれば、書類の添削などのサポートも受けられるため安心して就職活動をすることが可能です。

2.面接慣れしていないので対策をしっかりやっておきたい人

特に既卒、第二新卒などでこれまで面接を受ける機会が少なく自信がないため、本番の企業面接を受ける前にしっかり対策をしておきたい人にはマイナビジョブ20’sが向いています。

面接対策などは自分一人行うことが難しいですが、マイナビマイナビジョブ20’sを利用すれば、プロから面接対策のアドバイスがもらうことができます。

言葉遣いやマナーなどのノウハウ情報もサイト内に見やすくまとめてあるので利用すると効果的です。

3.客観的な自己分析のために適性検査を受けておきたい人

マイナビジョブ20s適性診断画像引用元:マイナビジョブ20’s

就職活動前に自己分析を行っておきたいという方にもマイナビジョブ20’sは向いています。

先にも紹介しましたが、マイナビジョブ20’sの適性検査は、毎年世界中で数千人の求職者が受けていて非常に豊富なデータベースを元に自分の強みや特徴を客観的に分析してくれます。

会社面接などでは、いかに自己分析が出来ているかで勝負が決まるといっても過言ではないため、マイナビジョブ20’sの自己分析を受けたいという目的でエージェントに登録するのもおすすめです。

参考:マイナビジョブ20’s 公式サイト

マイナビジョブ20’sの登録〜内定までの流れ

マイナビジョブ20’sに登録してから内定までの流れを紹介します。登録から内定までは、5つの工程に分かれます。

1.申込み

WEBサイトより申し込みをします。

自分の登録情報(電話番号・メールアドレス)を間違えて登録すると、アドバイザーからの連絡がもらえないので、しっかり確認してから登録をしましょう。

2.面談

登録後、マイナビジョブ20’sのキャリアアドバイザーから連絡があり、個人カウンセリングを行います。

カウンセリングは、電話などでも可能です。自分の就職の希望条件を伝えましょう。

3.求人紹介

自分の希望条件などをキャリアアドバイザーと相談しながら応募する求人を決めていきます。

応募する際の履歴書などの添削もキャリアアドバイザーがしてくれます。

4.応募

求人に応募し、書類選考に受かれば、面接です。こちらから希望すれば、面接対策なども行ってくれます。

5.内定

無事内定が決まった後も、給料交渉や入社日の調整などもマイナビジョブ20’sのキャリアアドバイザーが行ってくれます。

マイナビジョブ20’sでは断られる可能性がある?

思案顔の就活生アイコン

先日、マイナビジョブ20’sの評判を検索したところ、断られて求人が紹介してもらえなかったという口コミを見かけましたが本当なのでしょうか?

アドバイザー女性のアイコン

マイナビジョブ20’sでは、条件によっては求人が紹介できないので、サポートを断られてしまうケースもあるようです。
どのような方が断られやすいのか見ていきましょう。

マイナビジョブ20’sが利用できないかもしれないケースを紹介します。

求職者に対して職業を紹介会社が利用を拒否することは法律で禁止されていますが、どうしても条件が合わず求人が紹介できないケースも中にはありますので見ていきましょう。

20代ではない人

マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントのため、20代以外が登録をしても紹介できる求人がなく、実質断られてしまうといったケースになります。

サポート対象外の方は、別の転職エージェントを利用するようにしましょう。

地方勤務を希望の人

マイナビジョブ20’sの拠点は、東京と大阪と名古屋がメインになっており、マイナビジョブ20’sの求人はこの付近地域のものがほとんどです。

マイナビジョブ20’sが求人を取り扱っている地域は下記の通りです。

  • 首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)
  • 関西圏(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀)
  • 東海(愛知・岐阜・三重)

こちらの地域以外にお住まいの方は、マイナビジョブ20’sから紹介できる求人がないので、結果紹介してもらえないといったケースになる可能性があります。

希望条件と合わない場合

就業経験の内容や希望条件によっては求人紹介ができないため、マイナビジョブ20’sが利用できないケースがあります。

非公開求人については、一般に公開しないことを前提に求人企業から預かっているので、経験内容・スキルなどが合致しており、応募可能であると判断した人のみに開示しています。

マイナビジョブ20’sの良い評判

ここからは、実際にマイナビジョブ20’sを利用した人に聞いたリアルな口コミをご紹介します。

まずは良い評判ですが、とにかく求人の量が多く、希望の条件に合う質の良いものの中から選ぶことができたという満足の声が多く見られました。

口コミアイコン男性
20代・男性
評価:★★★★☆4
様々な業界の求人が多かったです。
それも「結構な情報量」だったので「これもできる」「あんなこともしてみたい」と転職活動の幅が広がったので充実させることができました。
口コミアイコン男性
20代・男性
評価:★★★★★5
多種多様な業界や職種の求人が多数有り、「未経験歓迎」などの求人も多数ありました。
転職活動の視野を広げ、選択肢をいくつも持ちながらポジティブに物事をすすめていけました。
口コミアイコン女性
20代・女性
評価:★★★★☆4
最大級の求人数と載せてるだけあって、自分に合った条件や勤務地、こだわり給料などの幅が広く、自分に合う職を探しやすいのが魅力でした。新着も週に2回ほどでてくるので常に探せるのがよかった。

また、アドバイザーに対しては丁寧で手厚かったという声が見られ、転職活動が不慣れな人にとって非常に心強いサポートが受けられたことが伺えます。

口コミアイコン男性
20代・男性
評価:★★★★★5
親身になって相談にのってくれたし、個人としっかり向きあってくれた上で「目標達成」を常に意識した指示や指導をしてくれました。そのお陰で非常にスムーズに転職活動を進められました。
口コミアイコン女性
20代・女性
評価:★★★★☆4
連絡をこまめにくださり、カウンセリング・書類添削・面接対策・求人紹介や、企業との日程調整や入社交渉まで行ってくれるので仕事をしながら転職探しする際にとても助かりました。
口コミアイコン男性
20代・男性
評価:★★★★☆4
希望の企業側に好印象を残せるような目にとまる履歴書の書き方やスムーズな面接の受け答え方法のコツなど「テクニカルな要素」まで細かく、具体的にサポートしてもらえたのが良かったです。

マイナビジョブ20’sの悪い評判

次に、実際に利用した人のリアルな悪い口コミです。

どの転職エージェントにも言えることですが、担当アドバイザーとの相性が悪かったり、求職者が多いためアドバイザーが多忙になりレスポンスが遅くなった点に不満が集中していました。

口コミアイコン女性
20代・女性
評価:★★★☆☆3
アドバイザーさんによって連絡の頻度や、レベルに差があるのかなと感じました。
連絡もたくさんくださるのはいいのですが仕事中でなかなか出れなかったりする際にたくさん連絡がくるのは困るなと思いました。
口コミアイコン男性
20代・男性
評価:★★★☆☆3
相談や質問など依頼したことに対しての作業スピードをあげてほしいと感じたし、アドバイスや提案も具体的でわかりやすく、且つシンプルに伝えてもらいたかったです。その方がストレスなく利用して行けたと思います。
口コミアイコン男性
20代・男性
評価:★★★☆☆3
質問や相談をすればそれに関しての明確な答えをしっかり返してくれるのですが、返信をもらえるまでのスピードが結構遅く物事が思い通りにすすまないと感じたことが何度もありました。

もし担当のアドバイザーが合わないと感じた場合、遠慮せずに担当の変更を願いでてみましょう。

その際には、感情的にならずに「〇〇の分野についてもう少し深く知りたいので、その分野で知見をお持ちの方はいらっしゃいますか?」など直接的でない言い回しで聞いてみるとお互いに気持ちよくやりとりができます。

マイナビジョブ20’sのその他の口コミ

そのほかにも、こんな感想がありました。

口コミアイコン男性
20代・男性
評価:★★★★☆4
表現は少々わかりづらかったのですが、一歩二歩先を見越したアドバイスをしてもらえたし「何のために今何をすべきか。」と論理的な提案をしてもらえたのが非常に良かったです。
口コミアイコン男性
20代・女性
評価:☆☆3
事務職で探していたこともあり、求人数は少ないと感じた。毎日チェックしても同じ企業の求人ばかりで変わり映えがしなかった。
しかし20代向けのサイトなので未経験でもOKな求人が多かったのはありがたかった。
口コミアイコン男性
20代・男性
評価:★★★★★5
全体的にサポート体制は良かったのですが、その中でも「常に素早い対応をしてくれる履歴書添削」が特に良かったです。そのためエントリーしたほとんどの企業で書類選考は通過できました。

Q&A

今すぐ転職するつもりはないのですが、登録できますか?

登録できます。具体的な転職時期が決まっていない20代・第二新卒の方々にも登録してもらって大丈夫です。

マイナビ転職との併用は可能ですか?

併用可能です。マイナビジョブ20’sは20代の転職希望者に向けられたサイトで、求人は20代・第二新卒を対象としています。

対象は違いますが、マイナビ転職とジョブ20’s両方利用する方も多くいます。

全て無料でサービスを受けられますか?

全て無料でのサービスを受けれます。

マイナビジョブ20’sは求人企業からの採用コンサルティングフィーで運営されているため、 面接対策や書類添削など無料でサポートすることが出来ます。

地方在住ですが、マイナビジョブ20’sのサービスを利用できますか?

利用可能です。オフィスは東京、名古屋、大阪にありますが、メールや電話での求人紹介や転職活動のサポートをおこなっています。

ただし、求人がご紹介できない可能性もあるので注意が必要です。

フリーターでもマイナビジョブ20’sに登録できますか?

利用可能です。既卒・離職中・フリーターの方向け企画セミナーなどの開催もしています。

マイナビジョブ20’sと併用おすすめの転職エージェント

最後にマイナビジョブ20’sと併用すべき20代向けの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントは一社に絞るのではなく、併用した方がより多くの求人に応募ができるので合わせてマイナビジョブ20’sとは、別の転職エージェントの登録も検討してみましょう

全年代向き:リクルートエージェント

リクルートエージェントトップ画像引用元:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人を保有している転職エージェントです。

面接通過率35%アップの対策なども用意しており、20代で大幅な年収アップにチャレンジしたい方におすすめの転職エージェントになります。

求人数国内トップクラス:doda

引用元:doda

dodaは、20代のサポートに強い転職エージェントです。求人数も6万件を越えており、大手などの高収入の求人も多く扱っています。(2020年10月26日現在 ※6)

転職をしたいが何から始めていいのか分からない方にもおすすめの転職エージェントです。

※6 doda 求人件数

こちらも20代がメイン:ハタラクティブ

引用元:ハタラクティブ

こちらも20代がメインの若者向けの転職エージェントです。

サポートが手厚く、アドバイザーも親身に相談に乗ってくれるとの評価が多く見られます。

ハタラクティブの特徴は、利用者の3人に2人が正社員経験のない転職希望者であり、現職が非正規社員だが、正社員への転職を目指す場合は併用必須のエージェントと言えます。

まとめ

マイナビジョブ20’sの評判や特徴について紹介しました。

これから就職・転職活動を考えている20代にとってマイナビジョブ20’sは、非常にメリットにある転職エージェントになります。

また、転職エージェントは併用して利用することにより各社の不足している部分を補えるのでメリットが大きくなります。

いくつかの転職エージェントに登録をして活動することをおすすめします。

この記事の著者

eric.a

社会人歴15年で販売、編集者、営業職など転職経験4回あり。実際に利用した転職エージェント・転職サイトは10以上にのぼり、その経験を元にキャリア構築・転職活動に関わる記事を執筆中。

新着記事をもっと見る
arrow_upward